トップページ > 長野・山梨旅行 > 甲府城 都道府県:山梨県
  ボランティアの方に感謝した甲府城   訪問日…2008年7月21日 
武田神社(躑躅ヶ崎館)からわずか3km。もう1つの100名城、甲府城にやってきました。10個目です。
こんな近距離に100名城が2つあるのは珍しい。
甲府城

甲府城 水堀
1583年、徳川家康が躑躅ヶ崎館に代わるお城として築城しますが、関東に移ってしまいます。
その後、秀吉の甥羽柴秀勝や浅野長政らの手によって完成しました。
甲州街道を押さえる重要な拠点として、豊臣時代は徳川家康をけん制するお城として、徳川時代は将軍家に近い親藩となり、将軍から厚い信任を得た大名が治めてきました。
甲府城 鉄砲狭間
城郭が鶴の舞うような形をしていることから『舞鶴城』とも言われています。
現在は舞鶴城公園として整備されています。
山梨県の史跡に指定されています。
立派な石垣が残っています。
ボランティアの方曰く
「石垣の色で積まれた時代がわかる」とか。

暑い中、甲府城のことをいろいろと教えてくれました。

早速スタンプを押しに近くにある
舞鶴城公園管理事務所へ行ってみたが
どうらやここにはないらしく、
入口に『100名城スタンプは稲荷櫓にあります』と
張り紙が貼ってありました。
本には2ヶ所書いてあったのに…
甲府城 石垣

ハテナマーク甲府城のナゾ その壱 『天守閣はあったのか?』 天守閣 イラスト
天守台石垣 甲府城 天守台 天守台はあるが、天守閣があったのかどうか…
現在も調査中とのこと。

ハテナ甲府城のナゾ その弐 『なぞのモニュメント』  
天守台からの眺め
天守台からの眺め
ひときわ気になるモニュメント
甲府城のモニュメント
お城には場違いの様なモニュメントは明治時代に入り、森林伐採が進み、たびたび洪水にあったことに対する謝恩碑だそうです。

クエスチョン甲府城のナゾ その参 『絵図にない水溜跡』 旗
甲府城 水溜跡 お城の絵図に記載されていない水溜跡。
水がいかに貴重だったかを物語っています。

復元建物たち
甲府城 内松陰門 ←← 内松陰門

稲荷門 →→
稲荷門
稲荷櫓 稲荷櫓(2003年築)

絵図や古文書などから築城当初(1664年)の姿で甦りました。
中は資料館。櫓を作った時の道具や、櫓を建設するときの資料が満載。
ガラス張りの石落としの眺めも必見です。
甲府城スタンプ ←甲府城のスタンプ
記念写真 ←稲荷櫓を背景に記念写真
  ボランティアの方から半ば強引に 
  撮られました。
風化した石 ボランティアの方に教えてもらったことだが、
稲荷櫓を支えている石垣には何かが書かれているようだ。
残念なことに風化で字が読めなくなっているとか。

何て書いてあるのか気になるね。
暑い中、ボランティアの方が大勢、一生懸命パンフレットを配りながら説明してくれるのが印象に残っています。
見所を惜しみなく教えてくれます。しかも程よい時間で、しつこくないのがありがたかったです。

このあとは甲府駅に行ってお土産を買いに行きますかね。

甲府城周辺マップ
メモ メモ
 住所…山梨県甲府市丸の内1-5-4
 開場時間…稲荷櫓 9:00〜16:30
 入場料…なし(稲荷櫓も無料)
 滞在時間…2時間弱

 駐車場…近くのパーキング
 トイレ…有
→ 長野・山梨旅行TOPページへ
トップ Mail