トップページ > 岐阜・名古屋旅行 > 清洲城  都道府県:愛知県
  清洲城で晴女さんの意外な一面を発見   訪問日…2008年11月2日
旅行2日目。昨日の犬山城に続き、本日もお城から観光スタート。
今回訪れるのは清洲城。100名城ではないが、戦国好きなら外せないお城です。
…というわけで勇む雨男さんとは対照的に、晴女さんはあまり乗り気じゃありません。
清洲城
清洲城(清須城)は尾張の中心に位置し、中山道と伊勢街道につながる交通の要所に位置したお城です。
1405年、尾張の守護大名、斯波義重により築城され、戦国期に入ると織田信長の居城として機能しました。
桶狭間の戦いに出陣したのも清洲城。家康との同盟を結んだのも清洲城なのだ。

現在は東海道新幹線により城跡が分断されていて、線路北側が清洲古城公園、南側が清洲公園として整備され、
五条川を挟み天守閣が建てられています。
小道を走っていくが、駐車場への誘導もわかりやすく、難なく駐車場に辿り着けるのが嬉しいです。

清須城 さっそく北側の清洲古城公園から見学。
こっちには信長を祀る小さな社と隣にある古城跡の石碑、
そして僅かに石垣が残るのみ。

信長好きにはちょっと残念な城跡です。
清須城 石碑 これが古城跡の石碑。
『右大臣織田信長公古城跡』と書いてあります。
高い所にあるので本丸跡の様に思うんだけど…。
どうせなら『清洲城跡』と書いて欲しいと思った雨男さんでした。

織田信長像 続いて線路をくぐり、清洲公園へ。
こっちには織田信長像があります。

それ以外は普通の公園で玩具や広場があるくらいです。

清須城天守閣 五条川を渡り天守閣方面へ。

1989年、清須町の町制100周年を記念して建てられた模擬天守閣です。
天守閣、門、庭全てがキレイに整備されていました。
信長塀 信長塀…のレプリカ。
本物は熱田神宮に現存しています。
清須城 天守 天守閣の中はふれあい郷土館として資料が展示されています。
信長の桶狭間の出陣前の様子が人形で再現されていました。

舞をする信長
鼓をたたく濃姫
戦況報告をする木下藤吉郎
横に控えている柴田勝家
そしてこの時、生まれていないはずの森蘭丸…
人間後十年 天守閣最上階
信長がよく舞っていた敦盛(あつもり)の一節がありました。

「人間五十年、化天のうちを比ぶれば、夢幻の如くなり
             一度生を享け、滅せぬもののあるべきか」


晴女さんも知っている一節です。
扇子 イラスト
敦盛
天守閣からの眺め 天守閣の眺めを見たとき、晴女さんの様子が一転。
隣の広場(清須広場)でゲートボール大会が行われていました。
下に行って間近で見学する晴女さん。
作戦会議を盗み聞きしていたらしく、ゲートボールの奥深さに感心していた様子。
小さい頃、家の前の芝生で遊んでいたゲートボールにも知略は必要なんだと改めて知った晴女さんです。
濃姫像 ゲートボール会場の片隅にポツンと立っている濃姫像
斎藤道三の娘で信長の正室。
ゲートボール大会を見学している晴女さんを引っ張り、次は名古屋城へ向かいます。

名古屋城は清洲城を消し去ったお城。
名古屋完成とともに清洲城は姿を消してしまいます。有名な『清洲越し』ですね。

清須城 マップ
メモ メモ
 住所…愛知県清須市朝日城屋敷1-1
 開場時間…9:00〜16:30
 入場料…300円

 お土産…ポストカード

 滞在時間…1時間
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
→ 岐阜・名古屋旅行TOPページへ
トップ Mail