トップページ > 北関東旅行 > 喜多院  都道府県:埼玉県
  江戸城の遺構が残る喜多院へ   訪問日…2008年5月5日
蔵の町並みから車で喜多院へ移動。この旅行、最後の観光地です。
喜多院周辺地図
  メモ メモ
  住所…埼玉県川越市小仙波1-20-1
 開場時間…8:50〜16:30
 入場料…1,000円(特別展)
 滞在時間…1時間15分

 駐車場…専用駐車場(有料)
 トイレ…有
地図を作って思ったことだが、喜多院周辺の博物館や仏閣も見とけばよかったと思うばかりです。

喜多院 慈恵堂
慈恵堂(1636年築 埼玉県指定文化財)
創建は830年。創建者は慈覚大師円仁の喜多院。
江戸城の遺構が残るお寺としても有名です。

なぜ江戸城の建物が川越にあるかというと…
1638年、喜多院は火災で山門以外の建物が焼失してしまいます。
復興のため、江戸城の御殿の一部を喜多院に移築しました。

その後、江戸城が火災に遭い、多くの建物が焼失してしまいます。その結果、江戸城から移築された建物(客殿)が喜多院に残っている…というわけだ。
その客殿(国重文)は特別展が開催中で1人1,000円。思い切って入ってみようぞ。
(この券で五百羅漢も入れます)

家康の羽織や、家光誕生の間など、反徳川の私たちも感動する品々が目白押し!
中でも家光誕生の間に飾られていた甲冑たちの迫力はすさまじいものでした。
これは1,000円払っても見る価値は十分にあります。
家光お手植えしだれ桜
家光お手植えのしだれ桜

喜多院 多宝塔
 多宝塔(1639年築)
埼玉県指定文化財)
喜多院 鐘楼門 鐘楼門(国重文

再建の記録がなく、いつ建てられたのかが不明だとか。
銅鐘は1702年製と判明しているそうだが…
喜多院 山門 ←川越火災から唯一焼失を免れた
  山門(1632年築 国重文)
観光

日本三大羅漢の1つ、喜多院の五百羅漢

1782〜1825年にわたって造られ、全部で538体。
石仏は個性あるものばかりで、全て違うポーズをしているのだ。
喜多院 五百羅漢 喜多院 500羅漢2
喜多院 500羅漢4
喜多院 500羅漢4 真ん中にたたずむひと際大きな石像。
五百羅漢のボス的存在か?


古くて個性豊かな喜多院の五百羅漢はおススメ!

小雨が降ってきたので、喜多院を出て、帰路に着きます。

一般道で帰るため、ひたすら16号を走りました。
しかし一ヶ所渋滞している場所があります。でも雨男さんの案により脇道に入り、そこを上手く回避してみたところ
同じ道とは思えないほどすいていました。雨男さんのナイスチョイスです。
そのあと私たちはお気に入りの回転寿司に寄り、ご飯を食べて帰りました。

これで北関東旅行は終わりです。次回は小田原旅行へ日帰りで行ってきます。お楽しみに…

トップ Mail  → 北関東旅行TOPページへ