トップページ > 松阪旅行 > 北畠氏館跡(大台町) 都道府県:三重県
    北畠具教がいた三瀬館跡   訪問日:2014年5月5日

続いては大台の北畠神社に向かいます。神社近くには北畠具教の館跡もあるので、セットで見学予定。
ただ大雑把な場所しかわかりません。道の駅「大台」に立ち寄り、周辺地図があるか確認しますが、見つかりませんでした。
雨男さん持参のマップを頼りに神社を目指しますが、たどり着いたのは三瀬館跡でした。


 ◆ 段々になっている土塁が見どころです
三瀬館
三瀬館こと北畠氏館跡
第8代伊勢国司北畠具教(とものり)の館跡。
戦国時代、織田信長の伊勢侵攻に合い降伏し、この地で隠居生活を送っていました。
しかし、1576年、信長の指示により刺客にここで暗殺されてしまいました。
館跡は
三重県の史跡に指定されています。

砂利道
こんな道を走ってきました
館跡前に数台止められる駐車場があります
北畠具教
雨男さん大失態
詳しくは下段で
三瀬館跡
気を取り直して、館跡へ
北畠氏館跡
館跡は綺麗に整備されています
胴塚の碑
北畠具教胴塚の碑(江戸時代初期のもの)
土塁
段々になっている土塁が見事です
北畠具教の胴塚
館跡向かいにある北畠具教の胴塚
館前にある案内板を見れば場所はわかります
北畠具教
ここに北畠具教の胴体が埋葬されています
首は松阪市内の野々口に埋葬されたそうです

裏っかえしになっていた旗。正面から撮ろうとした雨男さんは、旗の向きを変えるために動かします。しかし旗が固定されていたので動かず、破れてしまいました。
しかし、雨男さんが触れる前から旗は破れていたのです。おそらく雨男さんと同じように考えた人がいたのでしょう。
遺構は予想以上に綺麗に整備された館跡でした。無事に胴塚も見れたので、今度こそ北畠神社へと向かいます。

剣豪の城北畠具教 [ 深水聡之 ]

価格:1,944円
(2018/3/7 11:08時点)

北畠顕家 奥州を席捲した南朝の貴族将軍 (中世武士選書) [ 大島延次郎 ]

価格:2,700円
(2018/3/7 11:08時点)



 ◆ メモ
 住所:三重県多気郡大台町上三瀬
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:15分

 アクセス:JR紀勢本線 三瀬谷駅から徒歩15分
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:無
2016年2月28日現在


415号線 三瀬砦跡
 TOP MAIL
北畠神社(大台町)


複数のバス予約サイトの料金を一括検索!「最安チェッカー」はヨヤクトル
最安値の路線を探せるのはもちろん、バスタイプ別や、女性専用の高速バスなどからも検索することが可能です。