トップページ > 高知旅行 > 紀貫之邸跡 都道府県:高知県
    土佐日記の作者、紀貫之の邸跡   訪問日:2015年9月21日

土佐国分寺から東へ数100メートル。土佐の国司だった紀貫之の邸跡があります。
邸跡は広場として整備されているのに加え、駐車場も完備されています。さっそく邸跡を見学します。


 ◆ 古今集の庭として整備されています
紀貫之邸跡
紀貫之邸跡
第48代国司の紀貫之邸跡。
紀貫之は平安時代前期の歌人・貴族。土佐日記や古今和歌集の選者として有名です。
土佐の国司を務めた紀貫之の邸跡で、ここ一帯が土佐国の国衙だった場所と伝わっています。

晴女
朝の晴女さんは元気なので先に歩きます
紀貫之邸
ここ一帯が邸跡
古今集の庭
かなり広い屋敷だったと思います
碑文
石碑も建っています

公園のように整備された邸跡でした。
邸跡周辺にはいろんな史跡が残っているので、車を止めたまま周辺の史跡を見学しに行きます。



 ◆ メモ
 住所:高知県南国市比江
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:5分

 アクセス:JR土讃線、ごめん・なはり線 後免駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年12月9日現在


415号線 土佐国分寺
 TOP MAIL
比江廃寺塔跡


ネットで簡単にフォトアルバム作成!「フジフォトアルバム」
「フジフォトアルバム」ならネット注文で簡単にアルバムが作れる!