トップページ > 岡山旅行 > 吉備津神社 都道府県:岡山県
    国宝がある吉備津神社   訪問日:2013年8月16日

旅行3日目。最初の観光地は国宝がある吉備津神社。
朝7時40分過ぎ、神社に到着。さすが国宝があるだけあり、広い駐車場です。
でもこんな時間なので、駐車場近くの売店は開いていません。人もあまりいません。
人がいないうちに国宝を見てしまいましょう。


 ◆ 備中国一宮の吉備津神社
吉備津神社
本殿・拝殿(1425年築 国宝)と国宝好きの晴女さん
創建は不明。主祭神に大吉備津彦命(第7代考霊天皇の第3皇子)を祀り、吉備国の総鎮守だったそうです。その後、吉備国が3つの国に分かれると備中国の一宮になりました。
足利義満が造営したと伝わる
本殿国宝に指定されています。

吉備津
神社入口
奥に見えるのは晴女さんの天敵、階段です
矢立石
矢置石
矢立の神事が今も行われているそうです
北随身門
階段途中にある北随身門(室町時代築 国重文)
激写
あとから来た雨男さんを晴女さんが激写
梵鐘
ポツンとある銅鐘(1519年造 国指定重要美術品)
吉備神社
更に階段は続きます
吉備津造
階段を上ると国宝がお出迎え
全国唯一の様式から
吉備津造と言われています
吉備路
久しぶりに出ました、この恒例写真
今回は吉備路と晴女さん
祈願トンネル
国宝の奥に何やら気になるものが
祈願トンネル
絵馬を奉納し、この祈願トンネルをくぐると願いが叶うとか
回廊
続いては長い回廊を歩きます
拝殿向かって右側にあるのです
南随身門
回廊の間に立つ南随身門(1357年築 国重文)
吉備津神社最古の建築物です
県指定重要文化財
この長い回廊1579年築県指定文化財です
宇賀神社
最後に近くの宇賀神社を見学

朝一の国宝は人もいなく、良いものです。
この時、実は晴女さんは尿意を感じていました。国宝があるんだからトイレくらいあるだろうと、階段を上りきったところでトイレを探しました。トイレはすぐに見つかったのだが、なんと階段の下にあったのだ(下り切る必要はない)。下って用を足し、再び上る晴女さん。
朝一から無駄な体力を使ったのでした。でもそのおかげで、しっかり国宝を見られたのでした。

鬼ノ城と吉備津神社ー「桃太郎の舞台」を科学する【電子書籍】[ 岡山理科大学『岡山学』研究会 ]

価格:1,188円
(2018/2/13 10:30時点)

考えながら歩く吉備路 下/薬師寺慎一【1000円以上送料無料】

価格:1,836円
(2018/2/13 10:31時点)



 ◆ メモ
 住所:岡山県岡山市北区吉備津931
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:40分

 アクセス:JR吉備線 吉備津駅から徒歩5分
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2015年10月25日現在


415号線 宝福寺(総社市)
 TOP MAIL
吉備津彦神社


平日がお得!温泉旅館の宿泊予約なら「ゆこゆこネット」
ゆこゆこ厳選!≪お客様満足度80点以上≫の人気宿をピックアップ