トップページ > 北陸旅行 > 兼六園(その弐) 都道府県:石川県
  日本三名園、兼六園(その弐)   訪問日…2008年8月15日
金沢城から再び兼六園にやってきました。
兼六園 桂坂 金沢城向かいにある入口、桂坂口。
きっとここが兼六園の正面入口になるのだと思います。
ここからお土産屋さんがズラッと並びます。
いつものようにポストカードを探し、金沢城&兼六園のポストカードをそれぞれ購入しました。
蓮池門 蓮池門から園内へ。
受付がなかった気がします。無料開放じゃなかったら閉鎖されている門なのでしょうか?
翠池 翠滝
日本庭園と思える風景です。
夕顔亭
兼六園最古の建物、夕顔亭(1774年築)
茶室の袖壁に夕顔(瓢箪)の透かしがあることから夕顔亭と命名されました。
竹根石手水鉢 夕顔亭の足元にも注目!
この水鉢みたいなものは竹根石手水鉢
椰子(やし)の茎と根の化石で、貴重なものだとか。
サザエ山  栄螺(サザエ)山
霞ヶ池を作るときに掘った土で出来ています。
七福神山自然石 七福神山自然石
自然石を七福神に見立てて並べています。
…が、どれがどれだかよくわかりませんね。
眼の保養になり、気持ちも癒され、大汗をかいたけれど真夏の庭園も良かったです。
きっと季節ごとに違う顔を見せてくれるのでしょう。

これで日本三名園すべてに行ったことになりました。とはいえ、ちゃんと見学できたのはここだけかもしれない…
このあとは加賀の町並みを探索するため、車で移動します。

金沢城 周辺マップ
メモ メモ
 住所…石川県金沢市兼六町1
 開場時間…3月〜10月15日 7:00〜18:00
        10月16日〜2月 8:00〜17:00
 入場料…300円(この日は無料開放)
 滞在時間…2時間15分(金沢城含む)

 お土産:兼六園と金沢城のポストカード

 駐車場…石引駐車場(有料)
 トイレ…有
→ 北陸旅行TOPページへ
トップ Mail