トップページ > 北陸旅行 > 兼六園(その壱) 都道府県:石川県
  日本三名園、兼六園(その壱)   訪問日…2008年8月15日
流刑小屋を出て1時間ちょっと。金沢の観光スポット兼六園&金沢城にやってきました。
有名な観光地だけあり、あちこちに駐車場があるが、ほとんどの駐車場が1時間○○円、30分○○円という時間制。
その中で、1ヶ所だけ1日500円のところがあります。石引駐車場です。
兼六園から250メートルくらい離れていますが、時間を気にしないで観光したい場合、ここがお得でしょう。

 ◆ 地図&メモ
兼六園 周辺地図
 住所…石川県金沢市兼六町1
 開場時間…3月〜10月15日 7:00〜18:00
        10月16日〜2月 8:00〜17:00
 入場料…300円(この日は無料開放)
 滞在時間…2時間15分(金沢城含む)

 お土産:兼六園と金沢城のポストカード

 駐車場…石引駐車場(有料)
 トイレ…有


 ◆ 兼六園周辺の見どころ
金沢神社 兼六園の隣にある金沢神社

1794年、前田治脩が加賀藩校『明倫堂』を建てたとき、
前田家の祖先とされる菅原道真を主祭神として創建した神社。
受験シーズンには多くの受験生が参拝するとか。
成巽閣 国の重要文化財に指定されている成巽閣(せいそんかく)

1863年に建てられた前田斉泰のお母さんの隠居所。
なぜか入場料が1人1,000円と割高。
入るのか入らないのか決めるのは雨男さん。
悩んだ結果、入るのをやめました。


 ◆ 加賀百万石の庭園、兼六園へ
兼六園 霞ヶ池
兼六園は加賀藩5代藩主前田綱紀が庭園を作ったのが始まり。
当時は『蓮池庭』と呼ばれていましたが、1759年に焼失してしまいます。
11代藩主前田治脩が復興し、13代藩主前田斉泰が増庭して現在の形になりました。
『宏大・幽邃・人力・蒼古・水泉・眺望の六勝を兼ね備える庭園』という意味で兼六園と呼ばれるようになりました。
 
※六勝は中国、宋時代の書物『洛陽名園記』から引用されたもの。
園内は国の特別名勝に指定されています。


兼六園 マップ
兼六園の入口は何ヶ所かあり、私たちは随身坂という所から入園。
運がいいことに、この日は無料開放だったのだ!入園料300円×2人分が浮いたのは嬉しい。
さっそく探索してみましょう。

竜石
竜石
氷室跡
氷を保存していた氷室跡
芭蕉の歌碑
旅行でお馴染み芭蕉の句碑
兼六園 景色
緑が多く、癒されます
日本武尊像 日本武尊像

西南戦争で戦死した郷土出身の将兵を祀るため1880年(明治13年)に建てられた記念碑。
霞ヶ池 松
人工的に掘られた霞ヶ池 

サイダー 上坂の売店でラムネを飲み、ポストカードを買い、
桂坂から一旦兼六園を出て、金沢城へ行きます。
無料開放だとこういうことが出来て嬉しいですね。

加賀百万石のお城はどんなお城なのでしょう。

ちなみにこのラムネ、ビンではなくペットボトルでした。

※兼六園の後半の様子はコチラ → 兼六園(その弐)

桶狭間 流刑小屋
トップ Mail
金沢城(その壱) 今川義元

ビジネス、高級旅館!国内宿泊なら、るるぶトラベル!
国内旅行は、るるぶトラベルで!検索ラクラク、安心予約。価格もお得!
日本三名園トップツアー旅行総合サイト
インターネットサイトでは珍しい、新幹線・特急を利用した国内ツアー、豊富な客室在庫のオンライン宿泊予約などの情報が満載!