トップページ > 都道府県別 観光一覧 山形県
    山形県の観光地一覧


  ※県別市町村別に観光地を一覧にまとめました。(市町村はあいうえお順になっています)

 尾花沢市
尾花沢 尾花沢新庄道路と国道13号の両方から入れる道の駅。地元の名産と食事処が設けられている。

 酒田市
城輪柵跡 出羽国国府と推定されている古代城柵。国の史跡に指定されている。
旧鐙屋 酒田を代表する廻船問屋。称号は領主、最上義光から与えられた。
山居倉庫 明治期に建てられた米保管倉庫。『おしん』のロケ地としても知られている。
庄内松山城 県内唯一の城郭建築物が残る城跡。現在は松山歴史公園として整備されている。
総光寺 参道に並ぶ120本のキノコスギ(県指定天然記念物)が見どころのお寺。
堂の前遺跡 大量の建築材が発掘された遺跡。古代出羽国を解明する重要な手掛かりとなっている。
日和山公園 日本の都市公園100選に選ばれている。日本最古級の木造六角灯台がある。
本間家旧本邸 江戸時代築の武家造りと商屋造りが一体となった全国的にも珍しい建築様式。

 庄内町
清河神社 幕末の庄内藩の志士清河八郎を祀った神社と隣接する記念館を見学。
立谷沢川 平成の名水百選。最上川系の支流で東北一きれいな川に選ばれたことがある。

 新庄市
桂嶽寺 2つある戸沢家の菩提寺の1つ。新庄藩2代藩主、戸沢正誠のお墓がある。
新庄城 現在の最上公園。戊辰戦争の戦災から免れた天満神社の社殿が現存している。
瑞雲院 新庄藩主戸沢家の菩提寺。1700年代に建てられた6棟の霊屋が残っている。
鳥越八幡神社 新庄市最古の本殿と拝殿(国重文)が残っている。源義経の東下りの経路でもある。

 鶴岡市
玉川寺 1251年に創建の庄内平和観音33番霊場第17番礼所。国の名勝の庭園が見どころ。
釈迦堂 明治末期に建てられた豪商風間家の別邸。昭和初期まで来賓の接待に使われていた。
善寳寺 平安時代創建で龍神信仰のお寺として有名。人面魚で有名になった貝喰池もある。
致道館 1805年に創建された庄内藩の藩校。東北地方唯一の現存建物が残っている。
致道博物館 鶴岡城の三の丸跡にある資料館。多くの歴史的建造物が移築されている。
つけもの処本長 明治創業の鶴岡市内にある漬物の老舗、本長。日付指定の配達もできる。
鶴ヶ岡城 最上義光が整備・拡張した城跡。日本さくら名所100選にも選ばれている。
出羽三山神社 羽黒山、月山、湯殿山の出羽三山を祀っている神社。国宝の五重塔が見どころ。
羽黒山正善院黄金堂 源頼朝が奥州藤原氏を討伐時、戦勝祈願のため寄進した国重文のお堂。
丙申堂 江戸時代、鶴岡随一の豪商だった風間家の住宅。国重文に指定されている。
本住寺 お家騒動で改易となった加藤清正の息子(加藤忠広)と妻のお墓があるお寺。
みなぐち 夏に開催されていた『あんべみ処』。『だだちゃ豆』と『なんぜんじ』を食べた。

 戸沢村
戸沢藩船番所 最上川の戸沢藩舟番所。現在は舟下りの乗船所となっている。

 山形市
歌懸稲荷神社 奥州最上氏の祖、斯波兼頼が山形城の守り神として建立した神社。
光禅寺 最上義光が自らの菩提寺として創建。最上家親・義俊の墓もある。
常念寺 最上義光の嫡男最上義康の菩提寺。最上義康の供養塔がある。
専称寺 最上義光の娘、駒姫のお墓がある。江戸時代築の建築物も多く残っている。
出羽国分寺 714年、聖武天皇が全国に建立した国分寺の1つ。現在は薬師堂が建っている。
長谷堂城 侵攻する上杉軍を撃退し、出羽の関ヶ原と呼ばれている舞台となったお城。
八幡神社 山形市蔵王にある八幡神社。ここに国内最古級の石鳥居が残っている。
宝光院 山形城から移築してきた書院造りの江戸時代前期の本堂が見どころ。
元木の石鳥居 現存する最古の鳥居と言われている元木の石鳥居。西行の和歌にも登場する。
山形城 最上義光が拡張・整備した山形県の100名城。霞城公園として整備されている。
立石寺(山寺) 山寺という名称で有名。1,015段の石段と多くの建物が残っている。

 TOP MAIL


セコムの食社寺めぐり