トップページ > 四国旅行 > 川之江城 都道府県:愛媛県
    たった6年しか存在しなかった川之江藩の川之江城   訪問日…2008年4月3日

琴弾公園を出発し、本来なら、ここでもう一回うどんを食べる予定でした。
しかし、あまりお腹がすいていないこともあって、川之江城に直行します。
香川県から愛媛県に入り、これで四国の半分の県を行ったことになりました。

川之江城へ行くには坂を上っていかないと着けません。しかもとっても細い道をうねうねと上って行くのだ。願うことはただ一つ。
『どうか対向車が来ませんように…』願いが叶ってか、対向車と遭遇することはなく、無事に駐車場までたどり着けました。


 ◆ たった6年しか存在しなかった川之江藩の居城
川之江城 石碑 川之江城は愛媛県のお城。
戦国時代は河野氏や長宗我部氏など、目まぐるしく城主が変わりました。
1636年、川之江藩が誕生しますが、藩主に任命された一柳直盛が川之江に赴く途中、亡くなってしまいます。直盛の次男直家が継ぎますが、程なく直家も病死(1642年)。
直家に嫡子がおらず、領地を幕府に没収。結果、川之江藩は消滅してしまいました。たった6年しか存在しなかったのです。

ある意味、貴重な藩のお城です。

石碑の後ろにうっすらと写っているのは晴女さん。
蜘蛛の巣に絡まれながら撮影した晴女さんは立派!

知識ゼロからの日本の城入門 [ 小和田哲男 ]

価格:1,404円
(2018/3/22 10:27時点)
感想(12件)

日本の城1000城 1冊でまるわかり! [ 大野信長 ]

価格:1,836円
(2018/3/22 10:27時点)
感想(31件)



 ◆ 復興建物がズラリ
川之江城 涼櫓 涼櫓を見て雨男さんがポツリ…
「小さいな。二部屋しかないんじゃない?」
残念、そこは天守閣じゃなく事務所兼貸し部屋なのよ。
雨男さん、間違えるの巻。

1時間1,000〜2,000円で部屋を借りることができます。
涼櫓(1987年復興)
川之江城 櫓門
櫓門(1987年復興)
虎口
ノリが良い晴女さん
川之江城 天守閣
天守閣(1987年復興)
中は100円で入れる資料館。
城内は病院の待合室(廊下)のような感じです。
階段は学校の階段みたいで、声が響きました。
平日で人もいなかったので、思わず声を出して響かせた晴女さんでした。

ちなみに復興とは…
史実に基づいて建てられたわけじゃなく、ほとんどのケースは史実より立派に作られている建物のことを言います。
グレードアップして再現されているのが多い…という訳だ。
ここは復興建物がコンパクトにまとまっていて、良い雰囲気でした。
川之江城 資料館
館内写真OK!
人がいないのを幸いに色んなことをやる晴女さん
瀬戸内海
最上階からは瀬戸内海が一望出来ます

来た道で帰るのはちょっと怖かったので、雨男さんが駐車場の出方を聞きに、売店までひとっ走り。
運転する本人が聞きに行った方が早いもんね。

どうやらもう一つ道がある模様。その道で帰ります。来た道よりは細くなかったが急カーブが多々あります。
クラクションのマークがあり、雨男さんは鳴らします。
鳴らしている本人はいいが、隣に座っている晴女さんは急に鳴るのでビックリ。とても心臓に悪かったです。

これで今日の観光は終了。2日目も予定通りすべて見る事が出来ました。
明日は高知県へ上陸します。目指せ、高知城!行くぞ桂浜


 ◆ 地図&メモ
川之江城マップ
 住所…愛媛県四国中央市川之江町1087-4
 開場時間…天守閣9:00〜16:00
 入場料…天守閣100円
 滞在時間…1時間弱

 アクセス…JR予讃線川之江駅から徒歩10分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有


琴弾公園(銭形砂絵)
 TOP MAIL
高知城


★ゆこゆこ厳選!お客様満足度80点以上の人気宿をピックアップ★
平日がお得!温泉旅館の宿泊予約なら「ゆこゆこネット」
格安で予約ができる夜行バス・高速バス「高速バスドットコム」愛媛 観光
高速バス・夜行バスを常時1,000便以上の中からカンタン検索&予約!ポイント還元制度で、格安の高速バスがもっとお得に!