トップページ > 静岡旅行 > 可睡斎 都道府県:静岡県
    遠州三山めぐり、2つ目の可睡斎   訪問日…2010年3月20日


遠州三山2つめは可睡斎。名前からしてよく眠れそうなお寺ですが、何か関係あるのでしょうか?
お寺近くまで来ると植物園や霊園もあり、それぞれの駐車場があります。
逆にあり過ぎてどこに止めていいかわからないかもしれません。お寺見学だけなら、境内に駐車場がある(可睡ゆりの園方面から入れる)ので、その駐車場を利用するのが良いでしょう。

ちなみに遠州三山は尊永寺、可睡斎、油山寺を差します。


 ◆ 可睡斎と睡眠
法堂
法堂
創建は1394〜1428年頃と伝わります。
徳川家康が幼い頃、父と共に武田信玄の軍から逃げ隠れた場所。
後年、その時のお礼をするため、和尚を招きました。その和尚は席上で居眠りをします。
その姿を見た家康は「われその親密の情を喜ぶ、和尚、眠るべし」と言い、それ以来可睡和尚と呼ばれるようになり、寺名もいつしか可睡斎と言われるようになりました。
本当に睡眠と関係があるお寺なのです。

可睡斎
入口の門
扉がないのが印象的
十二支 方位
奥行きがある門で天井には
大きな十二支の方位を示すものがありました
坐禅堂
坐禅堂
石灯籠
境内には古そうな石燈籠がズラリと並んでいる
御神殿
御神堂
この先に家康親子が逃げ込んだ穴が残っています
天狗
御神堂前に居る天狗像を記念撮影
天狗と同じ形をしている晴女さん


 ◆ ひっそり佇む掛川藩主 井伊直勝のお墓
井伊直勝 井伊直勝(1590〜1662年)

徳川四天王の井伊直政の長男。父の死後、家督を継ぎ、彦根城を築城した武将。
病弱だったという説もあり、大坂の陣には参陣せず、異母弟の井伊直孝が井伊軍の大将として参戦し、大活躍。結果、井伊家の家督は直勝(当時は直継と名乗っていた)から直孝が継ぐことになり、彦根から上野国安中藩の領主となりました。
その後、長男に家督を譲り、西尾藩・掛川藩の移封と共に、その地に移り、掛川で亡くなりました。病弱と言われていましたが、家督を突いた直孝より長生きしています。


 ◆ もう1つの見どころ、日本一の大東司
可睡斎に来ると、「日本一の大東司」という言葉が目に入ります。
東司というはトイレのこと。何が日本一なんでしょう?気になりましたが、私たちはそのトイレを見ることができませんでした。

後々調べたところ、どうやら有料で堂内に入れるらしく、そこに広いトイレがあるとか。
日本一はそのトイレではなく、トイレを守る烏枢沙摩(ウスマサ)明王が日本一みたいです。
昔からトイレは「悪魔や怨霊の出入口」と言われており、烏枢沙摩明王の炎でトイレを清潔な場所に変える…という信仰があります。
その烏枢沙摩明王の何が日本一なのかまではわかりませんでしたが…

お手洗いに祀る置物 烏枢沙摩明王像

価格:7,890円
(2018/4/24 10:35時点)
感想(1件)

ご不浄を清浄にトイレの神様 烏枢沙摩明王像[送料無料]

価格:10,800円
(2018/4/24 10:35時点)



 ◆ 地図&メモ
可睡斎 アクセス
 住所…静岡県袋井市久能2915-1
 開場時間…なし
 入場料…なし(建物内は500円らしい)
 滞在時間…30分

 アクセス…JR東海道本線 袋井駅からバス
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)睡眠


駐車場 尊永寺
 TOP MAIL
油山寺(その壱)


スーパー先得 ご搭乗日の55日前まで予約OK可睡ゆりの園
国内線航空券の予約・購入をはじめ、スケジュール照会、空席照会、運賃 案内などをサポート。先得割引などお得な割引運賃がご利用可能!
旅ならるるぶトラベル
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。便利なビジネスホテルから一度は泊まりたい高級旅館まで掲載。