トップページ > 彦根旅行 > 観音寺(米原市) 都道府県:滋賀県
    3杯の茶で有名な米原市の観音寺   訪問日…2009年11月22日

2日目、最後の観光地は石田三成羽柴秀吉が出会った米原市の観音寺。
三杯の茶のエピソードの舞台として知られているお寺です。


 ◆ 正式名称は伊富貴山観音護国寺
観音寺 本堂
本堂(1715年築 国重文)
観音寺の創建は平安時代前期。律師三修という人が建立しました。
本尊の十一面観音像行基の作と言われています。
観音寺は羽柴秀吉石田三成
「三椀の才」で見出しとことで有名なお寺だ。


 ◆ 境内は寺宝展が特別公開(?)されていました
観音寺 山門
惣門(1715年築 国重文)
参道
長い参道
薬師堂
薬師堂(1715年築)
鐘楼
鐘楼(1715年築)

本堂内で行われている寺宝展が有料なのか、無料なのか…
出てきたおばちゃんに聞いてみたら、愛想悪く「無料だよ」と言い放ち、立ち去って行きました。
無料なら…と思い、入ってみると「300円です」と言われてしまいました。さすがに引き返す訳にもいかず、お金を払い寺宝展を見学しました。
浅井亮政や浅井家重臣(磯野員昌赤尾清綱)の書状、木下秀吉時代の秀吉の書状など貴重なものが見られました。
(いずれも
滋賀県の文化財に指定されています)

おばちゃんにはイラっとしたが、結果的に良いものが見れて良かったです。


 ◆ 3杯の茶を汲んだ井戸も残っている
石田三成 水汲みの井戸 参道を上らず、惣門の奥を左に曲がると、石田三成が秀吉に3杯の茶の水を汲んだ井戸跡があります。
本堂から少し離れている感じがするが、この井戸は必見です。

〜3杯の茶〜
鷹狩りの帰りに、喉の渇きを潤すため、ここに立ち寄った羽柴秀吉。
寺小姓にお茶を所望すると、大きい茶碗にぬるいお茶が出てきました。
もう1杯頼むと、今度は少し小さい茶碗に少し熱めのお茶が出てきました。
更にもう1杯頼むと、もっと小さい茶碗に熱いお茶が出てきました。

ぬるめのお茶で喉の渇きを鎮めさせ、2杯目以降にお茶を味あわせようとする寺小姓の気配りに感心した秀吉は、この寺小姓を家来に召し抱えました。
この寺小姓が後の石田三成…というエピソードです。

戦国武将家紋Tシャツ「石田三成・大一大吉大万」

価格:2,980円
(2018/4/23 10:57時点)
感想(5件)

戦国武将 蒔絵シール 【石田三成 下がり藤に石 旗印 /GD 金】

価格:498円
(2018/4/23 10:58時点)
感想(1件)



 ◆ 地図&メモ
観音寺 アクセス
 住所…滋賀県米原市朝日1342
 開場時間…9:00〜16:00
 入場料…寺宝特別展 300円
      (境内を見るだけなら無料)
 滞在時間…40分

 アクセス…JR琵琶湖線 長浜駅からバス
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…無


三杯の茶 井戸跡 石田三成屋敷跡
 TOP MAIL
彦根城(その壱)


ホテル予約ならHotels.com
世界最大級の150,000軒のホテルと650万人以上のレビュー
車中泊専門店オンリースタイル
話題のドライブスタイル、車中泊グッズ専門はこちら