トップページ > 北陸旅行 > 金沢城(その弐) 都道府県:石川県
  加賀百万石のお城 金沢城(その弐)   訪問日…2008年8月15日
三の丸広場から橋爪門を通過すると二の丸跡につきます。
三の丸と二の丸の間にあった
菱櫓&五十間長屋&橋爪門続櫓(2001年復元)はこちらから入ることができます。

 ◆ 古今の技術を駆使して作られた復元建物
この復元建物は明治以降に建てられた木造城郭建物の中で、最大級の建物らしい。
史実に基づき、伝統的な木造軸組工法で再現しています。更に階段昇降機やエレベーターを設置し、バリアフリーも考慮。
新旧の技術を駆使した建物となっています。

しかし晴女さんはキレイすぎて違和感を覚えました。少しくらい汚いほうが、お城っぽくていいなと思ったのです。
ただスリッパを履かなくていいのは良かったよ。

二の丸広場
二の丸跡
復元櫓の中
キレイな櫓内
菱櫓
残念ながら階段は使えません
扇風機
暑いのです


 ◆ 二の丸から本丸へ
極楽橋
二の丸から本丸方面へ続く極楽橋
さすがにこっちまで来ると徐々に人が少なくなってきます
この橋を渡ると金沢城の現存建物が登場
三十間長屋
 三十間長屋(1858年築 国重文)
人目が付かないところにポツンと建っている文化財
1759年焼失後、100年近くたってから再建された長屋だ
戌亥櫓跡
戌亥櫓跡
本丸の北西にあった櫓。1759年の焼失後、再建されず
2階建てだったことは判明しています
金沢城 空堀
空堀
この空堀を通って本丸から鶴の丸広場(三の丸方面)へ



 ◆ 国内最大級の現存倉庫
鶴丸倉庫 鶴の丸広場にある鶴丸倉庫(1848年築 国重文)
現存する倉庫の中で国内最大級の大きさを誇ります。

金沢城の現存建物と言えば、先程紹介した三十間長屋が紹介されることが多く、鶴丸倉庫が推されることがあまりありません。国内最大級の倉庫なだけに、もっとアピールされても良いのでは…


 ◆ 様々な種類の石垣を見ることができる
 復元&現存建物に目がいってしまいがちだが、金沢城の石垣も見応えがあります。
 ここの石垣の特徴は、たび重なる改修工事や庭園造園(兼六園)などにより、様々な時代の石垣を見ることができるのだ。
 
本丸 石垣 金沢城 石垣 石垣 写真
二の丸と本丸の間の石垣 鶴の丸近くの石垣 兼六園方面の石垣


 ◆ 当時、河北門が復元工事中でした
工事中 イラスト 訪れた時は復元工事中だった河北門。現在完成し、公開されています。
河北門は大手門から入り、坂を上った所に位置する実質的な金沢城の正門。

2年半かけて再現され、130年ぶりに甦えりました。
これから行く人は必見です。(雨男さんも密かに再訪を企んでいます)

金沢城を一通り見学したあとは、再び兼六園を探索します。


 ◆ 地図&メモ
金沢城 周辺マップ
 住所…石川県金沢市丸の内1-1
 開場時間…3月〜10月15日 7:00〜18:00
        10月16日〜2月 8:00〜17:00
  菱櫓・五十間長屋・橋爪門…9:00〜16:30
 入場料
  …菱櫓・五十間長屋・橋爪門300円

 滞在時間…2時間15分(兼六園含む)
 駐車場…石引駐車場(有料)
 トイレ…有

桶狭間 金沢城(その壱)
トップ Mail
兼六園(その弐) 今川義元

複数の宿泊希望日が一度に検索可能 日本旅行『赤い風船』宿泊予約
創業100余年の日本旅行が プロデュースする安心と信頼の国内旅行ブランド
選べるシート・時間で夜行も安心! 安全快適なお得な高速バス-当日予約OK
おすすめ人気プラン東京・大阪・京都・名古屋・仙台・広島・福岡など のチケット、長距離の予約はバスブックマークで!