トップページ > 岐阜・名古屋旅行 > 可成寺 都道府県:岐阜県
    織田家臣森氏の菩提寺、可成寺(かじょうじ)   訪問日…2008年11月1日


岐阜県可児市。昔の国でいうと美濃の国に位置する場所だ。ここに可成寺というお寺があります。

織田信長が美濃を制した時、家臣の森可成にこの地を与えました。可成は、ここに金山城を構え、東濃の拠点とします。
森可成浅井・朝倉との戦いで戦死し、可成の長男森長可小牧・長久手の戦いで戦死しています。更に長可の弟森蘭丸・坊丸・力丸本能寺の変で戦死しています。
織田家に仕え、一族の多くが討ち死にしている森氏の菩提寺がここなのだ。

岐阜・名古屋旅行と題した旅行の最初の目的地にふさわしい場所…と雨男さんだけは思っています。


 ◆ 森可成の名前から命名された可成寺
可成寺
可成寺入口
 ◆◆ 森可成と可成寺 ◆◆
森可成柴田勝家より前に信長に仕えていた古参の家臣。
槍の名手で『攻めの三佐』という異名がありました。
1570年、浅井・朝倉軍との戦いで、宇佐山にて討死。

信長は可成の死を悲しみ、直後に浅井・朝倉軍に協力した比叡山延暦寺の焼き打ちを行いました。
その時、可成のお墓がある聖衆来迎寺だけは手出しを許されなかったといいます。
可成の死が比叡山焼き打ちの原因の1つになったともいわれています。

そんな父を弔うため、可成の長男森長可が創建したお寺が可成寺なのです。


 ◆ 見どころは森一族のお墓
森可成の墓 森蘭丸 お墓
本堂の裏に回ると森可成をはじめ、森蘭丸・坊丸・力丸のお墓などがあります。
お墓一帯が
森一族のお墓として可児市の文化財に指定されています。

森一族物語 境内で見つけた『戦国の勇 森一族物語』
お金を入れると森一族について語ってくれるみたいだ。
しかし、この時は休日で朝7時をまわった時間帯。
どんな風に流れるのかもわからないし、ボリュームも不明だ。
お寺周辺には民家があるので、音次第ではかなり近所迷惑になるはずです。

悩んだ結果、案内機を流すのはやめました。
(今でもどんなのか気になっています)

戦国無双4ミニキャラアクリルキーホルダー  【森蘭丸】

価格:756円
(2018/4/6 11:36時点)

蒔絵シール戦国武将紋蒔絵シール森蘭丸「舞鶴」【クリックポスト対応】

価格:486円
(2018/4/6 11:37時点)



 ◆ 地図&メモ
可成寺 アクセス
 住所…岐阜県可児市兼山596
 開場時間…なし
 入場料…なし
 滞在時間…20分

 アクセス…JR太多線可児駅からタクシーで15分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有


北陸旅行
 TOP MAIL
延算寺東院


直前予約なら、トクー!
旅行専門だから安くて当り前!宿泊クーポンも最低価格保証!
当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル
大黒屋トラベルの国内格安航空券。複数航空会社を一括比較・簡単予約!