トップページ > 北陸旅行 > 懐古館飯田家  都道府県:石川県
  懐古館 飯田家と七尾城史資料館   訪問日…2008年8月14日
能登食祭市場を出発し、七尾城の100名城スタンプ設置場所、七尾城史資料館にやってきました。
七尾城史資料館 七尾城史資料館

能登を治めていた守護大名・戦国大名の畠山氏の子孫の方が建てた資料館です。

館内には七尾城の発掘品や畠山義総の肖像画などが展示されています。

畠山義総(1491〜1545年)は守護大名から戦国大名となり、能登畠山氏の最盛期を築きあげた武将。
七尾を小京都と呼ばれるくらいに発展させ、七尾城を整備し、上杉謙信の猛攻さえも堪え切った名将なのだ。

義総が亡くなると、家臣団の権力争いに巻き込まれ、畠山氏は衰退していってしまいます。
展示品は屋内だけじゃありません。 資料館の外にもこんな貴重な遺構が…
七尾城 遺構
七尾城 薬医門の扉
七尾城 発掘品
七尾城から発掘された品々
扉は資料館を出て無造作に立てかけられているので、気付かない人もいるかも…? 

続いて隣にある懐古館 飯田家へ。資料館と別料金で200円かかります。
懐古館飯田家 外観
懐古館飯田家は江戸時代後期の庄屋の古民家。国の重要文化財に指定されています。
家の中に入るとオジサンが軽い説明をしてくれ、「後はご自由に見学してください」という感じで奥へ戻って行きました。
飯田家 落ち着いた雰囲気の古民家。
お客は私たちのみだったので自由に見学できました。
昔の枕 昔の鏡 懐古館 展示品
じかに展示されており、展示品との距離がなく、間近で見学できます。 
本 あまりの近さに晴女さんがこんなことを…
(もちろん、本には触れていません。)
和物 イラスト

一番感動した翁媼の図という作品。
両面彫り 翁媼の図 両面彫りという方法で掘られていて、
正面から見ると(写真上2枚)、正面の姿で彫られていて、後ろから見ると(写真下2枚)後ろ姿で彫られているのだ。

初めて両面彫りの作品を見て感動した2人でした。

※写真
左上…おばあさんの正面
左下…おばあさんの後ろ
右上…おじいさんの正面
右下…おじいさんの後ろ

 
翁媼の図 両面彫り 懐古館 翁媼の図

隠し井戸 庭園には七尾城に通じる(?)隠し井戸もありました。

七尾城史資料館のついでに寄った懐古館飯田家。
間近で見れたり、両面彫りに感動したりと、
古民家の中でもトップクラスの楽しさでした。

最後に懐古館のおじさんから七尾城のマップをもらい、
七尾城へ足を運びます。

懐古館飯田家 地図
メモ メモ
 住所…石川県七尾市古屋敷町夕8-1
 開場時間…9:00〜17:00
 入場料…資料館、飯田家 各200円
 滞在時間…45分

 駐車場…専用駐車場(無料)
 トイレ…有
→ 北陸旅行TOPページへ
トップ Mail