トップページ > 甲府旅行 > 甲斐国分寺 都道府県:山梨県
    江戸時代の建物が多く残る甲斐国分寺   訪問日:2016年5月1日

跡地から現在の国分寺へ。おおよその場所は掴んだので、車で探します。
それほど迷うことなく、お寺に到着。こちらも立派な駐車場が完備されていました。


 ◆ 旧国分寺跡地が国の史跡に指定されたため、移転しました
甲斐国分寺
甲斐国分寺 本堂(1704年築 笛吹市指定文化財)
甲斐国分寺は聖武天皇が全国に建立させた国分寺の1つ。
その後、衰退してしまいましたが、戦国時代に武田信玄が再興しました。
近代に入ると、国分寺跡地が
国の史跡に指定されたため、少し離れた現在地に移転しました。

鐘楼門
鐘楼門(1751年築 笛吹市指定文化財)で恒例写真
庫裏
薬師堂(1656年築 笛吹市指定文化財)
庫裏
庫裏(1853年築 笛吹市指定文化財)
笛吹市指定文化財
文化財チェッカー晴女さん

説明板によると4つの建物は市指定の文化財。
でも
国の史跡に指定されたのは、どう考えてもそれ以降のお話。
現在地に移転したのはいつなんだろう…と疑問が残ったまま国分寺を後にしました。



 ◆ メモ
 住所:山梨県笛吹市一宮町国分196-1
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:10分

 アクセス:JR中央線 石和温泉駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
セコム スーパーレスキュー国分寺見学
2017年6月29日現在


415号線 甲斐国分寺跡
 TOP MAIL
三蔵屋敷(笛吹市)


国内ダイナミックパッケージの予約ならTRIP STAR甲斐国分寺 滞在時間
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!