トップページ > 能登旅行 > 角海家 都道府県:石川県
    江戸幕府の直轄領だった角海家   訪問日:2014年8月13日

日本海沿いに建つ船問屋を目指します。道路沿いの駐車場から細い道をしばらく歩くと、角海家に着きます。
周辺は船問屋があったところで、所々それらしい名残が見られました。


 ◆ 2周見学してしまいました
角海家
角海家住宅(石川県指定文化財)
門前町黒島は江戸時代、北前船の寄湊地として、栄えた天領(幕府の直轄領)でした。
多くの船問屋があり、角海家もその1つです。読み方は『かどみけ』
現存する貴重な廻船問屋住宅です。
1871年の火災で焼失し、翌年再建されたものが現在の建物です。

威勢
威勢の良い晴女さんがお出迎え
角海家
受付の方に中を案内してもらいます
天領黒島
2階から晴女さんが海を見ます
当時は漁の帰りを見ていたとか
船問屋
晴女さんが見た風景
奥に日本海が見えます
台所
台所で無駄なく水を使う仕組みに感動する2人
小さな桶
晴女さんは小さな桶が気に入ったようです
控え柱
潮風から守る控え柱と空の池
池は泥棒侵入を防ぐのと隣の火災を防ぐ役割があったとか
床
音が鳴る床
家の中に蔵が3つあるので、警戒が必要です
塩分
海に近いため、井戸水は塩分が含まれているそうです
輪島市天領黒島角海家
先ほど晴女さんが海を見ていた部屋
天領黒島角海家
引きで見るといい風景です
旧嘉門家跡
近くにある旧嘉門家跡

説明を聞きながら家を1周したが、写真を撮ることを忘れていました。再度写真を撮るために許可を得て、もう1周同じように見学し直したのでした。


 ◆ 角海家の方に案内され、天領北前船資料館に入りました
天領北前船資料館 天領北前船資料館
普段は無人なので、角海家の方に言えば、見学させてもらえます。

家も資料館も分かりやすい説明を聞きながらでしたので、楽しく見学できました。やっぱり説明は長すぎず、わかりやすいので、話す方の人柄が大事ですね。

ビオクラ 奥能登海の塩 200g

価格:756円
(2018/3/14 10:42時点)

【日本三大魚醤のひとつ能登のいしり(いしる)】魚介類を塩とともに漬け込み熟成させた発酵調味料でまさに漁師の味です!!

価格:648円
(2018/3/14 10:42時点)
感想(1件)



 ◆ メモ
 住所:石川県輪島市門前町黒島町ロの94-2
 開場時間:9:00~17:00
 入場料:150円
 滞在時間:1時間15分

 アクセス:JR北陸本線 金沢駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年4月4日現在


415号線 旧酒井家住宅
 TOP MAIL
重蔵神社(輪島市)


国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』
最大60%OFFで予約可能!お得なプランも満載です。