トップページ > 福井旅行 > 常宮神社 都道府県:福井県
    国宝の新羅鐘がある常宮神社   訪問日…2010年8月14日

セコム スーパーレスキュー141号線

県道141号線を海沿いに走ったところにある常宮神社。
全国的にあまりメジャーな神社ではありませんが、国宝の梵鐘がある神社なのです。
海沿いなので、海水浴(サーフィン?)をしている人も見受けられ、神社の駐車場で着替えている人もいました。
そんな人たちを横目に汗だくの2人は境内へ向かいます。


 ◆ 渡来した最古の鐘がある神社
常宮神社
常宮神社
創建は703年。読み方は『じょうぐうじんじゃ』
神功皇后(実在性が濃厚な最古の天皇と言われる応神天皇の母)の「つねに宮居し、波風静かなる哉楽しや」という神話に因んで命名された神社。
戦国時代末期に大谷吉継が社殿を造営し、江戸時代に結城秀康が本殿を造営しました。
現在は「お産のじょうぐうさん」として安産の神として有名。
ちなみに神功皇后は明治時代、日本初の女性肖像紙幣となった人。


 ◆ 境内は無料で探索できる
鳥居
鳥居の奥に駐車場がある
舞殿
舞殿
中門
中門(江戸時代初期年築)
亀
手水舎のカメと戯れる晴女さん
拝所
氣比神宮から移築してきた拝所(1637年築)
本殿
本殿(1713年築 福井県指定文化財)
石段
境内はずれにある石段をのぼると
跡地
何かの跡地らしきところがあった


 ◆ この中に国宝の新羅鐘が保管されています
新羅鐘 豊臣軍または倭寇または僧侶が持ち帰ったといわれる国宝新羅鐘(朝鮮鐘)が納められている蔵。渡来した鐘では最古のものと言われています。
神社の方に声をかけ、拝観料を払って中に入れます。
若い住職さんでした。話をしていると、なんと鎌倉で5年間修業していたそうだ。まさか地元で修業されていた方とこういう形で会うとは…
旅の面白さと国宝を満喫し、次の目的地に向かうのだった。

日本書紀 (まんがで読破) [ 舎人親王 ]

価格:596円
(2018/5/10 09:54時点)
感想(17件)

なぜ『日本書紀』は古代史を偽装したのか (じっぴコンパクト) [ 関裕二 ]

価格:822円
(2018/5/10 09:54時点)
感想(5件)



 ◆ 地図&メモ
常宮神社 アクセス
 住所…福井県敦賀市常宮13-11
 開場時間…なし
 入場料…なし(国宝拝観 200円)
 滞在時間…30分

 アクセス…JR北陸本線、小浜線 敦賀駅からバスorタクシー
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
JAL日本航空 先得指定文化財


415号線 柴田氏庭園
 TOP MAIL
武田耕雲斎の墓


★ゆこゆこ厳選!お客様満足度80点以上の人気宿をピックアップ★
平日がお得!温泉旅館の宿泊予約なら「ゆこゆこネット」
自分だけのオリジナル写真集が簡単に作れる!「フジフォトアルバム」
「フジフォトアルバム」ならネット注文で簡単にアルバムが作れる!銀塩写真で作る本格アルバムなので、きれいが長持ち!