トップページ > 松阪旅行 > 神宮寺(丹生大師) 都道府県:三重県
    神宮寺こと丹生大師   訪問日:2014年5月4日

丹生大師に向かう途中、雨男さんは再び便意を感じ、コンビニを探します。
無事にコンビニを発見し、スッキリした雨男さん。そんなことがありつつ丹生大師に到着です。
お寺前には大きな売店と駐車場があり、ちょっとした道の駅みたいで、いかにも観光地って感じがします。


 ◆ 丹生水銀の産出地でした
丹生大師
丹生大師
774年、空海の師匠勤操大徳が創建した歴史あるお寺。
高野山が女人禁制だったのに対し、女性も参拝が出来たので
女人高野と言われていました。
ちなみに丹生大師は空海のこと。

丹生大師
広そうな境内です
お寺ではなく神社なのでしょうか
ナンバ歩き
長い参道
何故か
ナンバ歩きで歩く晴女さん
男神
参道にある男神
女神
そして女神
山の神
山の神もありました
行司
山の神を行司のように歌い出す晴女さん
神社
社殿が行き止まり
引き返しながらお寺を見学します
本堂
本堂(1681年築)
本堂らしくない場所にあります
文化財チェック
恒例、晴女さんの文化財チェック
護摩堂
護摩堂(1763年築)
客殿
客殿(1644年築)
回廊
薬師堂へは石段or回廊を上って行きます
晴女さんは石段、雨男さんは回廊で上ります
晴女
石段を選択した晴女さん
階段
雨男さんは静かに回廊を歩きます
薬師堂
薬師堂(1688年築)
祈願の杉
祈願の杉で祈願する晴女さん
仁王門
仁王門(1723年築)
ふれあいの館
ふれあいの館(売店)


 ◆ ふれあいの館でお土産を買いました

伊勢とうふ
伊勢とうふの和菓子
伊勢茶まんじゅう
伊勢茶まんじゅう

境内は意外と広く、見ごたえがありました。晴女さんも写真の通り楽しめたみたいです。
出発前、3度目の便意の雨男さん。ここまで来ると晴女さんも呆れるしかありません。
これだけトイレに行けば、もう大丈夫でしょう。3度、スッキリしたところで次の観光地へ向かいます。

伊勢茶 深蒸し煎茶 100g

価格:540円
(2018/3/7 10:56時点)
感想(4件)

伊勢茶 濃い緑茶ティーバッグ

価格:409円
(2018/3/7 10:57時点)



 ◆ メモ
 住所:三重県多気郡多気町丹生3997
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:45分

 お土産:伊勢茶水まんじゅう、伊勢とうふの和菓子(4種類)

 アクセス:JR紀勢本線 名松線、近鉄山田線 松阪駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2016年2月14日現在


415号線 薬師寺(松阪市)
 TOP MAIL
近長谷寺


世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】
旅行するなら、世界最大の旅行サイト、トリップアドバイザーで事前チェック!