トップページ > 島根旅行 > 出雲日御碕灯台 都道府県:島根県
    島根半島の最西端にそびえる出雲日御碕灯台   訪問日:2012年8月11日

日御碕神社から車で2分。灯台前の駐車場に到着。
広い駐車場にかなりの車が止まっています。周辺にはお土産屋が並んでいて、観光地って感じがします。
お土産は最後に見ることにして、さっそく灯台へ。


 ◆ 国の有形登録文化財の出雲日御碕灯台
出雲日御碕灯台
出雲日御碕灯台
1903年に設置された高さ43.65mの真っ白な灯台。
松江市の石を使い作られたそうです。歴史的価値の高さから、
世界の歴史的灯台百選日本の灯台50選に選ばれています。
ちなみに今も現役で活躍中だそうです。

お土産屋
お土産屋が並ぶ通りを歩き、灯台へ
観光スポット
雨男さんが灯台の撮影スポットを発見
昭和な感じ
昭和な感じでまず1枚
灯台ポーズ
いつもの感じでもう1枚
日御碕灯台
200円で中に入れます
螺旋階段
入ってビックリ、延々と続く螺旋階段が…
日御碕灯台 階段
休み休み上る晴女さん、ちょっと不機嫌?
階段は163段ありました
日本海
灯台からの眺め
海しか見えない眺めは絶景です
機嫌
絶景を目の前に晴女さんの機嫌も若干回復した模様
風が気持ち良かった
潮風
潮風を浴びながら景色を堪能
この景色だったら上った甲斐があります


 ◆ 日本でも希少なウミネコの生息地があります
ウミネコ
ウミネコが見られるかも…と生息地を覗き込む晴女さん
経島
残念ながら7月頃に飛び立ってしまったそうです


 ◆ 涼しい店内でひと休み
かき氷 ウミネコが戻ってくるのは11月頃だそうです。
ちなみにウミネコの生息地は
国の天然記念物に指定されている経島(ふみしま)という島です。出雲風土記に登場している島だとか。

観光後、かき氷を食べてひと休み。
晴女さんはレモン、雨男さんはブルーハワイを注文。
晴女さんはすぐに平らげてしまったが、雨男さんは頭がキーンとなり、食べるのに一苦労。いつもは待ってもらっている晴女さんが食べ終わるのを待っていました。

灯台見学はこれで終了。次は猪目洞窟へ向かいます。

【出雲大社献上】縁結びの神様を祭る出雲に献上マダムシンコの『二重の御縁バウム』【冷蔵便】バームクーヘン

価格:1,633円
(2018/6/7 10:28時点)
感想(29件)

出雲国の紅茶100g

価格:540円
(2018/6/7 10:28時点)
感想(3件)



 ◆ メモ
 住所:島根県出雲市大社町日御碕1478
 開場時間:9:00~16:30
 入場料:200円
 滞在時間:1時間

 アクセス:JR山陰本線 出雲市駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2015年3月22日現在


415号線 日御碕神社
 TOP MAIL
猪目洞窟


明かりを灯すパワースポットや世界遺産を楽しむ旅!クラブツーリズムの中国・四国旅行
国内列車、飛行機の旅、バスツアー、テーマ旅行…お好みのツアーがきっと見つかります!