トップページ > 広島旅行 > 宮島・岩国特設ページ > 岩国城(その壱) 都道府県:山口県
    短命のお城、岩国城(その壱)   訪問日…2009年9月19日

宮島フェリー乗り場から西へ車を走らせること約30分。山口県岩国市に到着。
ここに100名城の岩国城と錦帯橋があります。錦帯橋は
日本三名橋日本三大奇橋に数えられる有名な橋。
他に岩国藩主だった吉川家の墓所や
国重文の神社などがある山口県有数の観光スポットです。
ロープウェイ乗り場近くの駐車場に車を止め、半日かけて岩国を観光します。
まずは100名城の岩国城から見学スタート。100名城スタンプ26ヶ所目です。


 ◆ 吉川広家が築城した岩国城
錦帯橋と岩国城
岩国城錦帯橋
1600年、関ヶ原の戦いで敗れた毛利輝元は領地を大幅に減らされ、広島城から萩城に移封となりました。翌年、同じく毛利家家臣の吉川広家(毛利輝元の従兄弟)も岩国へ移封となりました。
移封後、吉川広家は岩国城の築城を始めます。平素は山のふもとに屋敷を構え(
御土居)、山頂には戦時に備え、4重6階の天守閣を8年の歳月をかけて完成させました。
しかし完成からわずか7年後、一国一城令により破却されてしまったのだ。皮肉にも完成後より築城機関の方が長いお城というわけなのです。
現在、御土居があるふもとは
吉香(きっこう)公園として整備され、山頂には天守閣が再建されています。

兜 イラスト ◆◆ 吉川広家ってどんな武将? ◆◆

吉川広家(1561〜1625年)は吉川元春の三男。兄吉川元長が若くして死去したため、家督を継ぎました。関ヶ原の戦いでは東軍(家康軍)に参加するよう毛利輝元に提言したが、広家が知らない所で石田三成安国寺恵瓊らによって毛利輝元が西軍の総大将にされてしまいました。
東軍勝利を確信していた広家は、毛利家存続を図るため、東軍に内通。合戦時も出陣を阻害する布陣を取って毛利家が合戦に参加させないようにしました。しかし合戦後、毛利家は萩へ改易となり、家は保たれたものの毛利家から距離を置かれる立場となりました。
岩国赴任後は岩国城をはじめ、岩国の開発に力を注ぎ、現在の岩国の基礎を作りました。

吉川広家Ver.

価格:5,400円
(2018/4/16 10:58時点)

100万人の戦国無双 ミニキャラアクリルキーホルダー【吉川広家】

価格:734円
(2018/4/16 10:58時点)



 ◆ 岩国城の山頂付近まではロープウェイで
岩国 ロープウェイ 岩国城がある標高200mの山頂付近まではロープウェイで移動。
宮島の弥山に続き、本日2回目のロープウェイ。
大きめのゴンドラで約3分間、黙々と上っていきます。


 ◆◆ロープウェイ◆◆
 開場時間…9:00〜17:00(毎時00、20、40分出発)
  ※月末日や年末(12月中〜下旬)は点検で運休の場合あり

  料金…往復 540円 / 片道 320円
   (岩国城・錦帯橋・ロープウェイ往復共通券 930円)
 滞在時間…1時間

 アクセス…JR岩徳線川西駅から徒歩約20分
 駐車場…ロープウェイ近くの駐車場(無料)
山頂駅
山頂にあるその名も山頂駅
見晴らし
山頂駅からの眺めは絶景!


 ◆ 岩国城へ、いざ
天守閣への道は2通りありました。ゆるやかな道とそうじゃない道です。もちろんゆるやかな道で行きました。
この道は広く、坂もきつくありません。これなら楽勝でお城まで行けそうです。しかもこの道で来たからこそ大釣井を発見できました。
大釣井
大釣井
この大きな井戸は落城時の脱出用隠し通路や
武器弾薬を備える倉庫だったとも言われている
山
山の斜面に石垣の残骸が点在している

天守台 復元された天守台の石垣
かつての天守閣はここにあったらしいが、現在復元された天守閣は山のふもとからの見栄えを考え、少しずれた所に建っているのだ。

この配慮のおかげで(?)錦帯橋との絵が非常に良いものになっています。

つづく…


 ◆ 地図&メモ
岩国城 ロープウェイ
 住所…山口県岩国市横山
 開場時間…9:00〜16:45
 入場料…930円
   (岩国城・錦帯橋・ロープウェイ往復共通)
 滞在時間…1時間

 アクセス…JR岩徳線川西駅から徒歩約20分
 駐車場…ロープウェイ近くの駐車場(無料)

 トイレ…有
セコムの食岩国城


宮島の牡蠣としゃもじ
 TOP MAIL
岩国城(その弐)

宮島・岩国特設ページへ


★平日限定特典!平日限定値引!平日限定価格!【平日お得な温泉宿】
ゆこゆこ厳選!お客様満足度80点以上の人気宿をピックアップ
国内航空券ならTRIP STAR100名城めぐり
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!