トップページ > 水戸旅行 > 夤賓閣跡 都道府県:茨城県
    水戸藩主の別邸だった夤賓閣跡   訪問日:2013年11月16日

本日のメイン、那珂湊の町並みを見学します。
那珂湊探索のため、雨男さんが事前にリサーチしておいた藤屋というホテル前の駐車場を利用します。
有料ですが、先払いなので時間に関係なく駐車できます。
晴女さんも歩くのは覚悟していたので、気合を入れて町並みを歩きます。まずは水戸藩の別邸から見学です。


 ◆ 水戸藩の来客を迎えていた屋敷跡です
光圀公 お手植えの松
夤賓閣跡(ひたちなか市の史跡)
那珂湊には佐竹氏時代から御殿と呼ばれる別邸がありました。
第2代水戸藩主徳川光圀が1698年、別邸を現在地に移し、
夤賓閣(いひんかく)と名づけました。
夤賓閣は客人を迎える場所として、また海防役所としての機能も果たしていました。
惜しくも内乱で焼失してしまいましたが、明治期に公園として整備され、現在に至っています。

夤賓閣跡
夤賓閣に続く坂道
天然記念物
跡地は緑一面に整備されています
湊御殿の松
市の天然記念物に指定されている
湊御殿の松
日和山秋月
日和山秋月という高台
晴女
高台から町並みを眺める晴女さん
目線の先には晴女さんと同じようにしている人が
銅像
誰かの銅像です
直立不動で凛々しい姿です

松のところで散歩中らしきおじいさんに松の説明をしてもらいました。
公園から眺める町並みは海も見えて綺麗でした。晴れていて良かったです。晴女さんの力はさすが。
町並み探索は始まったばかり。これから本格的なウォーキングです。

水戸藩と領民 (水戸史学選書) [ 仲田昭一 ]

価格:2,916円
(2018/3/5 11:08時点)

デアゴスティーニ日本の100人 第28号 徳川光圀

価格:596円
(2018/3/5 11:09時点)



 ◆ メモ
 住所:茨城県ひたちなか市湊本町
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:3時間強(那珂湊全体で)

 アクセス:ひたちなか海浜鉄道湊線 那珂湊駅から徒歩10分
 駐車場:専用駐車場(有料)

 トイレ:有
町並み歩き
2015年12月23日現在


415号線 六地蔵寺
 TOP MAIL
華蔵院(ひたちなか市)


国内旅行予約は るるぶトラベル!夤賓閣跡 滞在時間
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。便利なビジネスホテルから一度は泊まりたい高級旅館まで掲載。