トップページ > 京都・奈良旅行 > 法隆寺(その弐) 都道府県:奈良県
    柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺(その弐)   訪問日…2009年5月3日

国宝めぐり

西院伽藍をじっくり見たあとは、パンフレットの順路に沿って見学していきます。
続いては西院伽藍の隣にある大法蔵院とその周辺です。大法蔵院は資料館となっており、こちらも国宝の文化財などがたくさん展示されています。

 ◆ 大法蔵院の見どころ
百済観音(飛鳥時代作 国宝)を安置するため1998年に建てられた新しい仏堂、百済観音堂があるエリアです。宝物館と言った方がイメージしやすいでしょう。

百済観音は2メートルを超す大きな木造の仏像です。八頭身(九頭身とも)で細身のスラッとした特異な像容。百済観音の伝来や造像の経緯などほとんどが不明な見た目も由来も不思議な像。
『百済観音』という名前は近代からの名称で、明治初期までは『虚空蔵菩薩像』という名前で呼ばれていました。

この他、九面観音(国宝)
夢違観音(国宝)、推古天皇ご所持の仏伝と伝わる玉虫厨子(国宝)など数多くの文化財が展示されています。写真撮影は禁止されているので、展示品のポストカードを買っておきました。

百済観音の正体 (角川文庫 角川ソフィア文庫) [ 関裕二 ]

価格:950円
(2018/4/10 11:05時点)

【中古】模刻で学ぶ仏像彫刻―興福寺・阿修羅像を主に法隆寺・百済観音、浄土寺・阿弥陀如来による【中古】

価格:14,403円
(2018/4/10 11:06時点)



 ◆ 大法蔵院周辺の建物
東室
東室(奈良時代築 国宝)
法隆寺の僧が生活していた奥行きのある建物
妻室
妻室(平安時代築 国重文)
僧坊(小子坊)が住んでいた建物
法隆寺 建物
妻室の隣にポツンとある小さな建物
だんだん国宝のありがたみが薄れてきています
食堂
食堂(奈良時代築 国宝)
その名の通り僧が食事をしていた場所
細殿
細殿(ほそどの)(鎌倉時代築 国重文)
食堂と併せて双堂と言われています
綱封蔵
綱封蔵(奈良時代築 国宝)
倉庫で床が高く、中央を空にしているのが特徴

南大門 別料金(500円)の大宝蔵殿もあります。別料金だったので入るのをやめてしまいました。
ここにも多くの文化財が展示されているとか・・・

南大門(奈良時代築 国宝)
をくぐり西院伽藍へ。
つづく…

おひとり奈良の旅 (光文社知恵の森文庫) [ もりきあや ]

価格:799円
(2018/4/10 11:06時点)
感想(4件)

京都・奈良ご朱印めぐり旅 乙女の寺社案内 [ あんぐる ]

価格:1,728円
(2018/4/10 11:07時点)
感想(1件)



 ◆ 地図&メモ
法隆寺 地図
 住所…奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1
 開場時間…2/22〜11/3 8:00〜17:00
         11/4〜2/21 8:00〜16:30
 入場料…1,000円
 滞在時間…2時間15分

 お土産…ポストカード、聖徳太子キティ

 アクセス…JR関西本線 法隆寺駅から徒歩20分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有


415号線 法隆寺(その壱)
 TOP MAIL
法隆寺(その参)


ネットで簡単にフォトアルバム作成!「フジフォトアルバム」
「フジフォトアルバム」ならネット注文で簡単にアルバムが作れる!銀塩写真で作る本格アルバムなので、きれいが長持ち!