トップページ > 東北旅行 > 報恩寺(盛岡市) 都道府県:岩手県
    499体の500羅漢がある報恩寺へ   訪問日…2009年8月12日
盛岡市街地を抜け、貴重な500羅漢があるという報恩寺にやってきました。
毎年のことだが、この時期の旅行でお寺を訪れるとお墓参りの方と遭遇します。
場違いな雰囲気に慣れてしまったが、今回もそんな感じの観光になりました。

 ◆ 地図&メモ
報恩寺 アクセス
 住所…岩手県盛岡市名須川町31-5
 開場時間…9:00〜16:00
 入場料…300円

 滞在時間…40分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有


 ◆ 南部家と共に盛岡に移ってきた報恩寺
盛岡 報恩寺
  報恩寺は1394年、南部家13代当主南部守行(1359-1437年)が創建しました。
  創建当時は青森県三戸郡にあったが、1601年南部家が盛岡に移封された時、
  共にこの地に移転してきたお寺です。
  その後、盛岡五山の1つとして発展し、現在に至っています。

山門
山門(1978年築)
報恩寺の門
駐車場から境内に入る門
本堂
本堂
お目当ての500羅漢を見るには本堂の中から移動します。
とはいえ、本堂の中にお寺の人はいません。
無人の入場口らしきところにパンフレットとお金置き場が置いてありました。

ちゃんと2人分のお金を置いて羅漢堂へ移動します。


 ◆ 全国的にも稀な500羅漢
羅漢堂
羅漢堂(1735年築 盛岡市指定文化財)
羅漢堂の中には499体の500羅漢がズラリと並んでいます。
1731年から4年の歳月をかけて造られた500羅漢だ。
造られた年代、造った人が明確にわかる500羅漢は全国的にも稀。この500羅漢は盛岡市の文化財に指定されています。
500羅漢 五百羅漢
 初めは500羅漢の写真を撮っていいのかわかりませんでした。せっかく見に来たのに撮れないなんて嫌だったので、
  お寺の人に聞きに行きました。そうしたら撮影OKだそうです。しかし人物と一緒に撮るのは良くないみたいなことを
  言われたので、それだけは気をつけて撮影しました。

 やっぱりお盆のお墓参りの人がほとんどで、観光している人は私たちくらいでした。
 珍しい500羅漢を堪能し、肝心の盛岡城の移築門(本堂前にある中門)の写真を撮り忘れてしまったのだ。
 このあとは盛岡城に行く予定だったが、『鬼の手形→』という案内板を見つけ、気になったので歩いて行ってみることにしました。
 果たして『鬼の手形』とは…

桶狭間 ぴょんぴょん舎
(盛岡冷麺)
トップ Mail
三ツ石神社
(鬼の手形)
今川義元

歴史旅行便利!レンタカー各社の料金が一目でわかる!あなたはどのプラン?
レンタカー各社のプランを比較して、格安割引予約できる旅ぷらざレンタカー。北海道 から沖縄まで日本全国お得なキャンペーン情報も。
当日でも予約可能!国内格安航空券なら大黒屋トラベル
国内9社航空券を一括比較&予約。格安航空券なら大黒屋トラベル