トップページ > 彦根旅行 > 宝厳寺(その弐) 都道府県:滋賀県
    竹生島探索!宝厳寺(その弐)   訪問日…2009年11月22日

本堂を見たあとは三重塔がある宝物殿方面へ。
人によって、本堂からそのまま国宝の唐門に行く人もいましたが、せっかく来たので三重塔にも立ち寄ります。


 ◆ 三重塔エリアもじっくり見学
三重塔
1484年に建てられた三重塔
しかし落雷で焼失し、2000年に再建されたもの
片桐且元お手植えのモチの木
片桐且元お手植えのモチの木
且元は豊臣秀頼の命で唐門建築に携わっています
宝厳寺 宝物殿 宝物殿(別途300円必要)

国重文の弘法大師直筆の
新請来目録など多く文化財が展示されています。
中でも雨男さんは『御釈迦様が亡くなった絵』が印象に残っています。
横たわる御釈迦様の周りにたくさんの人(神様?)がいる不思議な絵でした。
拝観料を払うとき、細かいお金がなかったので1000円を出した晴女さん。そうしたらおつりの関係であと100円出してくれませんか?と言われました。まぁそういうこともあるよなと思って、1100円出しました。中の見学が終わって外に出るとき、1組のお客さんが来ました。その人たちは1000円を出していたが、何も言われていませんでした。ちょっと不思議に思った晴女さんでした。


 ◆ 国宝の唐門
宝厳寺 唐門 唐破風
唐門(1603年築 国宝)
豊臣秀吉の遺命に従い、秀頼が発令し片桐且元が京都の豊国廟から移築してきたもの。
奥に
観音堂(国重文)があり、千手観音を安置しています。唐破風は桃山時代を象徴する造りで、当時の代表的な建物の1つ。観音堂の横から、舟廊下(国重文)を渡ると、都久夫須麻神社に出ます。
舟廊下
舟廊下(国重文)
舟廊下 外観
舟廊下(国重文)の外観
支柱 舟廊下はこんな感じで支えられています。
そして「清水寺みたいだね」と数人の人が口にしていました(もちろん雨男さんも…)。

ここを抜けると都久夫須麻神社に出ます。
ここで雨男さん、晴女さんは初めての体験をすることになります。

つづく…

西国三十三ヶ所めぐり

価格:3,800円
(2018/4/20 11:05時点)
感想(3件)

家紋ハンカチ(片桐且元)

価格:648円
(2018/4/20 11:05時点)



 ◆ 地図&メモ
宝厳寺 アクセス
 住所…滋賀県長浜市早崎1664
 開場時間…9:30〜16:30(観光船)
 入場料…400円(都久夫須麻神社共通)
 滞在時間…80分(竹生島全体で)

 お土産…ポストカード

 アクセス…各港から観光船で
 駐車場…豊公園の駐車場(無料)

 トイレ…有


竹生島めぐり 宝厳寺(その壱)
 TOP MAIL
都久夫須麻神社


カメラのキタムラ ネットショップ
ネットで注文、全国1000店のお店で安心受取り!専門店だから安い! キタムラネットショップ
日本旅行『赤い風船』宿泊予約
商品充実!複数の宿泊希望日が一度に検索可能!リニューアルでますます便利になったオンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」