トップページ > 熱海旅行 > 本立寺(伊豆の国市) 都道府県:静岡県
    江川家の菩提寺、本立寺   訪問日…2012年3月17日

予定にはなかったが、急きょ立ち寄ったお寺。
どうやら雨男さんは江川邸で、江川家の菩提寺をひっそりチェックしていた模様。
道のところどころにも案内板があったので難なく到着。
雨が降っていることと、お墓に興味を示さなかった晴女さんは車内で待機し、雨男さんが1人で見学します。


 ◆ 日蓮創建の歴史あるお寺
本立寺
本立寺山門
鎌倉時代から幕末、明治までこの地を収めてきた江川家の菩提寺。
16代当主江川英親が伊東へ流された日蓮に感銘を受け、建立しました。
1525年、山崩れで倒壊し、1558年に再建され、現在に至っています。
見忘れてしまいましたが、1332年の銘が入った
梵鐘(静岡県指定文化財)があるとか。


 ◆ 雨の中、雨男さんが1人で探索
参道
山門から長い参道が続きます
江川英龍像
江川英龍像がお出迎え
階段
参道の奥に階段があります
本立寺本堂
本堂(1929年築)


 ◆ 本堂裏に眠る歴代江川家当主
江川家歴代墓所 本堂裏にある江川家歴代墓所
木々に囲まれ、静かなところで眠っていました。
江川英敏の墓 江川家37代当主江川英敏のお墓
江川英龍の三男。1839~1863年。
父の死後、家督を継ぎ、英龍が進めていた韮山反射炉の完成や、農兵育成などを次々に進めていたが、24歳の若さで亡くなった。
江川英武の墓 江川家38代当主江川英武のお墓
江川英龍の五男。1853~1933年。
兄(江川英敏)が24歳の若さで亡くなったため、兄の養子となり、わずか10歳で家督を継いだ。
18歳のころ、戊辰戦争が勃発した時は、早くから明治政府軍側に付いたため、戦後所領を安堵され、韮山県知事となった。
江川英龍の墓 江川家36代当主江川英龍のお墓
幕末の隠れた英雄、江川英龍(1801~1855年)。
日本で初めてパン(乾パン)を焼いたり、西洋式軍隊を組織したり、韮山反射炉を着工したりと数々の偉業を遂げる。
フジテレビがあるお台場に、台場を築いた。

佐久間象山桂小五郎大鳥圭介など多くの人たちが英龍から学問等を学びました。

傘を差しての見学だったのが、残念でした。

幕末の知られざる巨人江川英龍 勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた (角川SSC新書) [ 江川文庫 ]

価格:928円
(2018/5/28 11:07時点)
感想(1件)

江川太郎左衛門の生涯 日本の国防に一生を捧げた韮山代官 [ 堀内永人 ]

価格:1,944円
(2018/5/28 11:08時点)



 ◆ メモ
 住所…静岡県伊豆の国市韮山金谷268-1
 開場時間…なし
 入場料…なし
 滞在時間…20分

 アクセス…伊豆箱根鉄道駿豆線 韮山駅から徒歩30分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】江川家 墓参り
2014年11月18日現在


415号線 香山寺(伊豆の国市)
 TOP MAIL
韮山反射炉


総合旅行予約サイトの楽天トラベル学問 教える
宿泊予約サイトの楽天トラベル。ホテル予約や航空券・レンタカー予約などできます。