トップページ > 四国旅行 > 彦根城  都道府県:滋賀県
  国宝天守2つ目、彦根城へ   訪問日…2008年4月5日

四国最後の場所、鳴門公園(うずしお)を旅立ち本州へ向かいます。
淡路島を走ります。すぐに本州へ戻れると思ったのにまだ76kmほどあるではないか。本州は遠いな。

本州への橋、明石海峡大橋に差し掛かったのは鳴門公園を出発してから約50分後の事でした。
こっちの橋二つは瀬戸大橋の時と全く違い、危なげなく渡り切れました。

「ただいま戻りました、本州さん。」

しかしここからが大変。道路がごちゃごちゃしているのでどこへ行ったらいいのかわかりづらい。
危うく事故るところでした。ふぅ〜〜

ようやく彦根城に到着しました。駐車場へ入るのには、人通りが多い道を進まなければいけません。気を付けてくんろ。

どうやらここは臨時の駐車場らしく、グラウンドっぽい(大手前公園?)に車を止めました。いよいよ彦根城の観光スタートです。
しかし、スタンプ用紙を忘れて取りに戻りました

これがなきゃ始まらんだろう。気を取り直し観光スタート。まずは天守閣を目指します。
やはりここにも階段があるのか…。周りには人もたくさんいることだし、頑張って上りますよ。


 ◆ 地図&メモ
彦根城 地図
 住所…滋賀県彦根市金亀町1-1
 開場時間…8:30〜17:00
 入場料…600円(彦根城・玄宮園共通)
 滞在時間…1時間半

 お土産…ポストカード

 駐車場…臨時(?)駐車場(有料)
 トイレ…有


 ◆ 国宝の天守閣
彦根城 天守閣
彦根城(国宝)
日本に4つしかない国宝天守閣。この旅行、姫路城に続き2つ目です。

徳川家康の重臣、井伊直政以降260年間、国替えもなく井伊氏の居城だった彦根城。
徳川の色が強い天守閣が、今も残っている理由は、
廃城令で廃城になりかけたのを、明治天皇のご指示で免れた…から。

「早速、お城の中に…」と思ったのだが、人がたくさんいて並んでいるのだ。ぎょうさんおるで。私達も列に並びます。

待っている時にスタンプ用紙を見ていました。
「これでまたスタンプが増えるなぁ」と思っていたら、彦根城の枠がないではないか。
それもそのはず。彦根城は近畿だったからだ。この用紙を忘れて取りに戻った行動は全く意味がありませんでした。
これは近畿バージョンをもらわないといけませんね。気付いてよかったよ。

15分くらい待ち、やっと中に入れます。
前に並んでいた団体さんが、入る前に右側を見ていました。壁があったのでジャンプをして見ています。
「一体何が見えるの?」
盗み聞きをしていたら、ここから琵琶湖が見えるみたい。149cmの晴女さんにはわかりませんでした。

彦根城
見る角度で印象が違います
彦根城 内部
大きな木を使った天井
鉄砲狭間
鉄砲狭間


 ◆ 天守閣以外にも現存建物だったり、石垣だったりと見どころがたくさん
彦根城 天秤櫓 天秤櫓
 天秤櫓(国重文)
正面から見ると天秤のように見えることから天秤櫓と名付けられました。
よ〜く見ると左右の櫓の向きが違います。長浜城の古材を再利用して建てられたとか。
彦根城 鐘
 日本の音風景百選に選ばれている時報鐘
彦根城 大手門
太鼓門櫓(国重文)
彦根城 石垣
西の丸の石垣
井伊直弼誕生の地
井伊直弼誕生の地
井伊直弼像
井伊直弼像の隣に玄宮園(庭園)があります。
天守閣との共通券を買ったのだが、何故か入りませんでした。
今思えば何で共通入場券を買ったのかが不思議でしょうがありません。
 
井伊直弼像


 ◆ 全国でも貴重な現存建物 馬屋
彦根城 馬屋 彦根城 厩
馬屋(国重文)とはその名の通り、馬がいた小屋

この時、国宝・彦根城築城400年祭が行われていました。
ひこにゃんの歌も流れていました。印象に残る歌だったが、肝心のひこにゃんがいませんでした。
そして表門に着き、スタンプラリー(近畿)をもらって押しました。これでまた一つGET!

最後に雨男さんがトイレに行きました。
待ってる間、「もしかしたらキティが売っているかも知れない」と思い、晴女さんは近くにあった売店へ行ってみました。

しかし目の前でシャッターを閉められました。どうやら閉店の様です。なんてタイミングがいいんだろう。結局何も買えませんでした。
これで彦根城見学が終了。4日目も終わりました。これから本日の宿泊地、名古屋へ参ります。

明日は唯一の観光場所、犬山城へ行くワン!

桶狭間 渦潮(渦の道)
トップ Mail
犬山城 今川義元

JAL 国内線100名城見学
国内線航空券の予約・購入をはじめ、スケジュール照会、空席照会、運賃 案内などをサポート。先得割引などお得な割引運賃がご利用可能!