トップページ > 彦根旅行 > 彦根城(その四) 都道府県:滋賀県
    再訪、彦根城(その四)   訪問日…2009年11月23日


彦根城は内堀中堀、二重の水堀に囲まれています。内堀と中堀の間には現在、学校や裁判所、公園などが並んでいます。
この堀の間にもお城の遺構が点在しているのです。このエリアの見落としそうな遺構から、貴重な遺構をまとめて紹介したいと思います。


 ◆ 全国的にも貴重な遺構、馬屋(国重文)
馬屋
馬屋(国重文)
表門の向かいにあるL字型の建物。1700年頃、建てられました。
江戸時代、常に藩主の馬が数十頭繋がれていた小屋です。
城内に馬屋が現存しているのは彦根城だけで非常に貴重な遺構だ。
ちなみに来客用の馬屋もあったそうですよ(非現存)。

彦根城 馬屋
表門方面から見た馬屋
厩
中にも入れます


 ◆ 大老、井伊直弼生誕の地も
井伊直弼誕生の地
玄宮園近くにある井伊直弼生誕の地
井伊直弼像
井伊直弼像もありました
良い人?悪い人? 井伊直弼(1815〜1860年)
井伊直弼は幕末の大老。日米修好通商条約に調印し、開国をして近代化を断行しました。その強硬な手段は多くの反対を受けました。その反対勢力を粛清(
安政の大獄)も行い、結果的に反対派に襲撃され命を落としました(桜田門外の変)。
「開国と富国強兵が日本の生きる道」という信念があったらしく、結果的にそうなった日本。
やり方に賛否両論はあると思いますが、もしかしたら良い人だったんじゃないか…と最近思っている雨男さんなのでした。

デアゴスティーニ日本の100人 第54号  井伊直弼

価格:596円
(2018/4/23 11:05時点)

安政の大獄 井伊直弼と長野主膳 (中公文庫) [ 松岡英夫 ]

価格:1,080円
(2018/4/23 11:06時点)



 ◆ 家老の屋敷跡や長屋門も点在
脇屋敷跡 脇家長屋門

初代脇豊久は元武田家臣。武田家滅亡後、家康に仕え、井伊直政に預けられた武将。井伊家で活躍し家老になった家柄。
長野伊豆屋敷跡 長野伊豆屋敷跡

彦根藩の家老屋敷。大老、井伊直弼に仕えた長野主膳に関係あるのかは不明だ。
彦根東高校沿いにあります。
西郷屋敷長屋門 旧西郷屋敷長屋門(彦根市指定文化財)

横に長い長屋門。彦根城下で現存する最大級の大きさ。
西郷家は初め徳川家康に仕えていましたが、井伊直政の付家老となり、以後は幕末まで仕えました。
禄高は約3,000石だったそうです。
木俣屋敷跡 木俣屋敷跡

佐和口多聞櫓東側の出入り口近くにあります。
こちらも西郷家同様、家康の家臣だったが、井伊家の付家老となりました。
個人宅みたいで、門は固く閉ざされていました。


 ◆ 無料で見学できる佐和口多聞櫓
佐和口多聞櫓
内側川見た佐和口多聞櫓(1769年頃築 国重文)
現存と再建されたコンクリート製が混ざった櫓。
再建された方は開国記念館という資料館になっています。
櫓の内側が二の丸駐車場になっていました。櫓の中は無料で見学できます。

★開国記念館★
開場時間:8:30〜17:00   入場料:無料

多聞櫓の中
現存櫓の中は撮影自由!
開国記念館
こっちが復元された櫓
佐和口多聞櫓 全景
遠目から見た佐和口多聞櫓
虎口
虎口を車で走れるのだ

他にも牢屋跡など遺構が点在しています。1つ1つ石碑があるので、意識していれば見落とすことはないと思います。
このあとは彦根城の日本庭園、玄宮園を見学します。
つづく…

彦根藩伝承 牛干肉 25g入り

価格:540円
(2018/4/23 11:07時点)
感想(29件)

【 ひこにゃん アルファベットキーホルダー 黒 】

価格:378円
(2018/4/23 11:07時点)
感想(1件)



 ◆ 地図&メモ
彦根城 アクセス
 住所…滋賀県彦根市金亀町1-1
 開場時間…8:30〜17:00
 入場料…1,000円
  (彦根城・玄宮園・彦根城博物館共通)
 滞在時間…1時間半

 アクセス…JR琵琶湖線 彦根駅から徒歩15分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】彦根東高校


安政の大獄 彦根城(その参)
 TOP MAIL
玄宮園


国内ダイナミックパッケージの予約ならTRIP STAR彦根西中学校
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!
ホテル・旅館のご予約は [Yahoo!トラベル]
人気スポットをめぐる旅、旬の味覚を楽しむ旅など豊富なラインアップ。