トップページ > 彦根旅行 > 彦根城(その弐) 都道府県:滋賀県
    再訪、彦根城(その弐)   訪問日…2009年11月23日

天秤櫓の先は立派な石段と石垣が登場。約1年半前に訪れた時と同じ光景でした。
「あぁ、こんな感じだったね」と2回目ながら、常連さん気分で天守閣を目指します。


 ◆ 天秤櫓と太鼓門櫓の間
彦根城 石段
彦根城 石垣
時報鐘 今も時刻を伝える時報鐘
朝6時から夕方6時まで3時間おきに鐘の音を響かせています。
日本の音風景百選に選ばれている音を聞いてみたかったが、今回も聞けず…
ちなみに、この場所に移されたのは幕末になってからです。


 ◆ 国重文の太鼓櫓
太鼓門櫓
太鼓門櫓(国重文)
天守閣を守る最後の城門。天秤櫓同様、別の場所にあった所から移築されてきたと言われており、柱には古い釘穴がたくさんあるのでお見逃しなく!
ただ、何処のお城の門だったかは未だに謎のまま…

威嚇する石垣
来場者を威嚇している門前の巨石
彦根城 太鼓門櫓
中も見学できます
太鼓門櫓の中
中に太鼓があったから太鼓門櫓と命名されたとか
櫓から見た石垣
攻め手を射抜くイメージで石段を覗く


 ◆ お久しぶり!2度目の国宝天守閣
国宝天守閣
天守閣(国宝)
3階3重の小柄な天守閣だが、屋根など気品あふれる姿をしています。
前回は桜と天守閣だったが、今回は紅葉とのコラボレーションだ。季節によって違う表情を見るのも良いかもしれません。
2回目だが、久しぶりに級友にあったような懐かしさがこみあげてくる雨男さんと晴女さんなのでした。

鉄砲狭間
鉄砲狭間
骨組み
骨組みの木が上手く組み合わさっています
彦根城内
前回、行列ができていた部屋も朝一だとこんな感じでした
彦根城の中
雨男さんが一番好きな部屋

日本100名城公式ガイドブック (歴史群像シリーズ) [ 福代徹 ]

価格:1,620円
(2018/4/23 11:01時点)
感想(138件)

【彦根限定】彦根にようこそ!さくっとラングドシャ10枚入

価格:650円
(2018/4/23 11:01時点)
感想(6件)


彦根城 井戸跡 本丸裏にある井戸跡

この後は西の丸三重櫓や黒門方面を見学していきます。
果たしてひこにゃんに会うことは出来るのでしょうか?

つづく…


 ◆ 地図&メモ
彦根城 入場料
 住所…滋賀県彦根市金亀町1-1
 開場時間…8:30〜17:00
 入場料…1,000円
  (彦根城・玄宮園・彦根城博物館共通)
 滞在時間…1時間半

 アクセス…JR琵琶湖線 彦根駅から徒歩15分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有


ひこにゃん 彦根城(その壱)
 TOP MAIL
彦根城(その参)


日本全国お宿探し!名鉄観光宿泊予約
ホテル・旅館の予約は名鉄観光の宿泊予約サイト。見やすい画面で空室検索も簡単!らくらく予約!
格安で予約ができる夜行バス・高速バス「高速バスドットコム」石垣 好き
全国約40社が主催するバスを 簡単予約。ポイント割引でさらにお得!格安の夜行バス、高速バスはお任せを!