トップページ > 彦根旅行 > 彦根城(その壱) 都道府県:滋賀県
    再訪、彦根城(その壱)   訪問日…2009年11月23日

彦根旅行、最終日は彦根城とその周辺をじっくり見学します。
彦根城東側にある
佐和口多聞櫓馬屋近くの駐車場に車を止め、見学開始!
朝一番の登城です。


 ◆ 国宝4天守の彦根城
彦根城天守閣
彦根城天守閣(国宝)
1600年の関ヶ原の戦いで勝利した家康は、徳川四天王の井伊直政石田三成が治めていた近江の国(佐和山城)を与えました。しかし直政は中世的な縄張りと石田三成の居城ということを嫌い、琵琶湖近くに彦根城を築城します。
尾張藩や越前藩など7ヶ国が手伝いをした大工事で、1622年完工しました。
国宝の天守閣をはじめ多くの文化財が残る日本を代表する1つのお城です。
城跡が国の特別史跡に指定されています。


 ◆ 表門から入城します
彦根城 石碑
表門入口の石碑
表門橋
明治期の写真などを基に復元された表門橋
水堀
本丸エリアを囲っている内堀
排水口
排水口を発見!


 ◆ 表門近くの上り石垣と石段
登り石垣 石段
彦根城 スタンプ 彦根城の隠れたスポットとして有名なのが、登り石垣(写真)だ。
三腹から侵入する敵を防ぐ役割を果たし、山の斜面に沿って作られた石垣のことを言います。
(彦根城では全部で5ヶ所登り石垣が確認できる)
豊臣秀吉の朝鮮出兵の時に用いられた石垣手法で、朝鮮から帰国後、日本でも用いられました。
しかし廃城令などで破却されたものが多く、残っているのが彦根城と愛媛県の松山城、兵庫県の洲本城くらいしかないのだ。

石垣好きの雨男さんは登り石垣を発見し、嬉しそうでした。


 ◆ 表門から天秤櫓まで
登城
有料の城内へ一番乗り!
天秤櫓
石段を上ると天秤櫓(国重文)が登場
虎口
櫓へはグルッと円を描くように歩きます
回っている間に櫓から射ぬかれてしまいます
鏡の丸跡
天秤櫓向かいの鏡の丸跡
大広間があった場所です

彦根城 天秤櫓 天秤櫓(国重文)
左右対称に建てられて、天秤のような形をしている櫓。
長浜城の古材を使って作らています。
良く見ると左右の櫓の向きが違うのが面白い。
このような形の櫓は全国でも彦根城だけ!

手前の廊下橋は非常時にすぐ落とせるようになっているとか。

天秤櫓を突破し、天守閣へ向かいます。
つづく…

日本100名城に行こう [ 中城正堯 ]

価格:616円
(2018/4/23 10:59時点)
感想(93件)

【彦根限定】彦根にようこそ!小まんじゅう

価格:650円
(2018/4/23 11:00時点)
感想(7件)



 ◆ 地図&メモ
彦根城 アクセス
 住所…滋賀県彦根市金亀町1-1
 開場時間…8:30〜17:00
 入場料…1,000円
  (彦根城・玄宮園・彦根城博物館共通)
 滞在時間…1時間半

 アクセス…JR琵琶湖線 彦根駅から徒歩15分
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有


大老 観音寺(米原市)
 TOP MAIL
彦根城(その弐)


スーツケース・旅行用品トラベラーストア開場時間
キャリーバッグや旅行グッズの専門サイト トラベラーストア
表門から入城格安!国内旅行のジェイトリップツアー
国内旅行へ行くならジェイトリップ格安旅行!人気のプランをはじめ、 売れ筋ツアーやホテルランキングから行きたいツアーを選べる格安旅行!