トップページ > 高知旅行 > 比江廃寺塔跡 都道府県:高知県
    オタマジャクシと比江廃寺塔跡   訪問日:2015年9月21日

紀貫之邸跡の駐車場に車を止めたまま、周辺を歩いて探索します。
まずは歩いて3分くらいの所に大きな礎石がポツンと残っています。石碑や説明板があるので、住宅街ですがすぐに見つかります。


 ◆ 土佐国最大の塔心礎です
比江廃寺塔跡
比江廃寺塔跡
白鳳時代の巨大礎石が残る比江廃寺跡。
法隆寺式の伽藍配置と推測され、その後の国分尼寺に転用されたなど、推測されていますが実態が謎に包まれている廃寺です。
土佐国最大の礎石として
国の史跡に指定されています。

史跡 比江廃寺塔
この案内板が目印
比江廃寺塔
かつての姿はこんな感じだったそうです
雨男
雨男さんが一点を見つめています
オタマジャクシ
礎石の穴にはオタマジャクシがたくさんいました

礎石の大きさにはビックリしましたが、それ以上に中央の穴に数えきれないくらいのオタマジャクシがいたことにビックリしました。
しばらくすると、ここから大量のカエルがどこかに行くと思うと、ちょっとゾッとします。



 ◆ メモ
 住所:高知県南国市比江
 開場時間:なし
 入場料:なし
 滞在時間:5分

 アクセス:JR土讃線、ごめん・なはり線 後免駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:無
史跡めぐり
2016年12月10日現在


415号線 紀貫之邸跡
 TOP MAIL
土佐国衛跡


日本旅行「赤い風船」
複数の宿泊希望日が一度に検索可能!リニューアルでますます便利になったオンライン予約・決済可能な日本旅行「赤い風船」国内宿泊