トップページ > 秋田旅行 > 赤神神社五社堂 都道府県:秋田県
    鬼が築いた999段の石段がある赤神神社の五社堂   訪問日…2010年5月2日


「秋田で有名なもの」と聞いて、思い浮かべるのがなまはげ。そのなまはげにまつわる神社が赤神神社です。
なまはげの始まりと伝わる神社を見学します。
県道59号線を海沿いに走り、クネクネしたカーブの途中に駐車場があります。
長楽寺という大きな石碑があるので、ゆっくり走っていれば見落とさないと思います。


 ◆ 武帝に仕える5匹の鬼
五社堂
五社堂(1710年築 国重文)
創建は72年ととても古い赤神神社五社堂。
その昔、5匹の鬼を引き連れ、漢の武帝が男鹿半島へやってきました。武帝は鬼たちに年に1度、正月休みを与えました。鬼たちは大喜びして男鹿の里へ降り、作物や娘を奪うなど大暴れしました。困った村人たちが鬼たちに「一夜で1,000段の石段を築くことが出来れば、年に1人ずつ娘を差し出すが、出来ない時は2度と村へは来ないでほしい」と懸けをしました。
鬼たちはせっせと石段を築きましたが、残り1段というところで、「コケコッコー―」と一番鶏の鳴き声が…
鬼たちは諦めて、武帝の所へ戻ったそうです。この鳴き声はモノマネ上手な村人がやったと言われています。
その後、鬼たちが来なくなって寂しく感じた村人が、年に1度、正月に鬼の真似をして村中をまわり歩くようになったのが、あのなまはげと言われています。


 ◆ 石段ふもとの見どころ
山門
山門
石製の立像
山門の立像は何故かグルグル巻き
宝篋印塔
宝篋印塔
薬師堂跡
宝物館前は薬師堂跡
桜 宝物館の拝観料は300円。
拝観券には400円と印字されていて、手書きで300円と修正されていました。

宝物館と桜を見たら、鬼が築いた石段に挑みます。
そんなのがあると聞いていなかった晴女さんは若干不機嫌な感じです。


 ◆ 999段の石段に挑みます
五社堂 石段
こんな道をひたすら登ります
目標地点
1つ目の目標地点
土塁
土塁が見えてきたらあと少し
御手洗の池
遺構もちらほら登場してきます
姿見の井戸
出ました!菅江直澄の道!
今回は
姿見の井戸
社殿
ようやくゴール!
約20分かかりました


 ◆ 改めて五社堂を見学します
五社堂
5つの社殿が並ぶ姿は圧巻です
この眺めは良くCMでも使われていますね
重要文化財
恒例の文化財チェック!
晴女さんは保護している(?)新しい柱を触っていました


 ◆ 巨大ななまはげ像も
なまはげ像 少し離れたところに大きななまはげ像もあります。
ここから眺める景色もなかなかですよ。
ここ専用の駐車場もありました。

まだまだ男鹿半島めぐりは続きます。

なまはげメモ帳3冊セット

価格:378円
(2018/4/25 10:25時点)

【かっこいいTシャツ】【秋田】【メール便対応】秋田ご当地デザインTシャツなまはげ(黒と赤)

価格:2,160円
(2018/4/25 10:26時点)
感想(1件)



 ◆ 地図&メモ
五社堂 アクセス
 住所…秋田県男鹿市船川港本山門前祓川35
 開場時間…なし(宝物館 300円)
 入場料…なし(宝物館 10:00〜16:00)
 滞在時間…25分

 アクセス…JR男鹿線 男鹿駅からバスorタクシー
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有


415号線 男鹿観光遊覧海底透視船
 TOP MAIL
大龍寺(男鹿市)


旅ならるるぶトラベル
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。
ネットで簡単にフォトアルバム作成!「フジフォトアルバム」
「フジフォトアルバム」ならネット注文で簡単にアルバムが作れる!銀塩写真で作る本格アルバムなので、きれいが長持ち!