トップページ > 日光旅行 > 二荒山神社(その壱)  都道府県:栃木県
  見て、遊んで、楽しめる二荒山神社(その壱)   訪問日…2009年7月19日
東照宮見学を終え、入口まで戻ってきました。
人の流れに身を任せるように、五重塔の脇にある参道を歩いて行く。みんなこの順番で観光していくのだろう。

参道の先にあるのは二荒山神社。
中禅寺湖湖畔にある二荒山神社中宮祠の本社です。

 ◆ 参道を歩き、二荒山神社へ
上新道 二荒山神社へ続く参道。
正式には上新道という。

こんな感じで人の列ができていました。

ちなみに左側がキレイに空いているのは馬車の道だからです。
馬を使ってここを通る人もいるようだ。

私たちが歩いている時は、馬車は通らなかったが…
二荒山神社
楼門(1982年築)
二荒山神社 鳥居
鳥居(国重文)
787年、男体山を極めた勝道上人が創建しました。
男体山、女峯山、太郎山の日光三山を主祭神として祀っている神社です。
神社の境内地がとても広く、いろは坂華厳の滝も二荒山神社境内に含まれています。
宇都宮に同名の神社があり、それと区別するため日光二荒山神社と呼ばれています。

日光の社寺の1つとして世界遺産に登録されています。


 ◆ 本堂向かいに酒樽がズラリ
酒樽 晴女さんは数あるお酒の中から金賞を選んで記念撮影。

神社やお寺で見かける酒樽は昔、神様に捧げる清らな水を捧げていた。これを玄酒と言います。
時代が経つにつれ、お酒もささげられるようになり、地元の名水で造られた銘酒などが並んでいます。
(テレビがない時代は宣伝の意味もあったとか)

二荒山神社の酒樽は、地元を中心とした多くの銘酒がズラリと並んでいます。

 ◆ 拝殿の中は共通入場券で見学
二荒山神社 本堂
拝殿(国重文)
夫婦杉
夫婦杉
親子杉
三本杉
   本堂向かいに立つ大きな杉の木。
   二本の杉が並ぶ夫婦杉と、三本の杉が並ぶ親子に例えた三本杉です。
   三本杉は1つの根から3本にわかれているのだ。

   このあと有料の神苑の中へ行ってみたいと思います。
   つづく…


 ◆ 地図&メモ
手作り地図
 住所…栃木県日光市山内2307
 開場時間…4〜10月 8:30〜17:00
         11〜3月 8:00〜16:00
 入場料…1,000円(日光山内の共通券)
       神苑は別途200円

 滞在時間…4時間強(日光山全体)
 駐車場…専用駐車場(有料)

 トイレ…有
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)日光旅行

桶狭間 日光東照宮
(その五)
トップ Mail
二荒山神社
(その弐)
今川義元

ENEOSカード
ガソリン代がおトクになるドライバーに嬉しいカード、ENEOSカード。