トップページ > 福井旅行 > 永平寺(その壱) 都道府県:福井県
    曹洞宗の大本山、永平寺(その壱)   訪問日…2010年8月12日

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】社寺めぐり

福井旅行2日目は永平寺から。雨男さんが福井出身の知人に、福井の名所を聞いたら紹介されたお寺なのだ。
全国的にも有名なお寺で、お寺前にはお土産屋さんが並んでいます。お土産屋さんの駐車場(その店で、いくら以上買うと駐車場が無料になるパターン)もありましたが、永平寺向かいにパーキングがあったので、そこに止めることにしました。
この日の天気は台風。最悪の天気ですが、晴女さんの力で永平寺に着いた時は一時的に雨がやんでいました。
また降ってこないうちに永平寺の屋内に入ります。


 ◆ 座禅修行の道場、永平寺
永平寺
永平寺
1244年、鎌倉時代の僧道元が座禅修行の道場として創建。
創建時、道元と親交があった鎌倉幕府執権北条氏の側近波多野義重が越前の領地を寄進するなど、貢献しています。
山に囲まれた境内には70あまりの建物が並び、繁栄したそうです。
しかし鎌倉幕府衰退後、波多野氏の援助も弱まり、衰退し、室町時代では何度か焼失に遭っています。
ちなみに、永平寺の寺名の由来は「永久の和平」という意味です。


 ◆ 天気を気にしながらの見学
永平寺入口
永平寺入口
雨で滑らないように歩かないと
通用門
ここから有料拝観
券売機で入場券を買います

永平寺見学の特徴は、中に入るとすぐ、僧侶の方の説明を聞くところ。
広い部屋に同タイミングで来た人たちに、見学にあたっての注意事項等の説明があります。
注意事項と言っても、永平寺とは…や境内の建物は修業されている僧侶の方を写さなければOKとかそういった話でした。
久しぶりに正座をして人の話を聞いた気がしました。
説明を聞いたら、各々が自由に見学できます。

永平寺の見どころは僧侶の日々の修行に欠かせない7つの建物、
七堂伽藍。これを抑えながら見学します。

僧堂
坐禅などを行う僧堂(1902年築)
僧堂内
僧堂の中
法堂
法堂(1843年築)
本堂にあたる
大庫院
大庫院
食事や来客接待、会計を行うところ
浴室
浴室
その名の通り、僧のお風呂場
仏殿
仏殿
最初、これが山門だと思っていました

七堂伽藍の5つはちゃんと見られましたが、残りの東司(トイレ)は撮り忘れ、山門は工事中で見られませんでした。
見学中に雨足が強くなってきたが、屋内を歩いているので、なんとか普通に見学できています。
まだまだ永平寺はつづきます。

【中古】 永平寺の精進料理 七六〇年受け継がれた健康の智慧を家庭でいただく /高梨尚之(その他) 【中古】afb

価格:1,264円
(2018/5/8 11:07時点)

永平寺そばがゆ 【おかゆ】【朝がゆ】

価格:270円
(2018/5/8 11:08時点)
感想(5件)



 ◆ 地図&メモ
永平寺 アクセス
 住所…福井県吉田郡永平寺町志比5-15
 開場時間…8:30〜17:00(季節により様々)
 入場料…500円
 滞在時間…1時間20分

 お土産…ごま豆腐、永平寺キティ、ポストカード

 アクセス…JR北陸本線、えちぜん鉄道、福井鉄道
                      福井駅からバスorタクシー
 駐車場…永平寺前のパーキング(有料)

 トイレ…有


415号線 丸岡城
 TOP MAIL
永平寺(その弐)


国内ホテルの格安予約サイト『一休.com』
最大60%OFFで予約可能!お得なプランも満載です。
スーツケース・旅行用品トラベラーストア広い寺
キャリーバッグや旅行グッズの専門サイト トラベラーストア