トップページ > 安土旅行 > 永源寺 都道府県:滋賀県
    こんにゃくが有名な永源寺   訪問日:2013年5月3日

渋滞にはまりましたが、何とか最初の目的地に到着しました。
時刻は13時をまわったところ。当初の予定を変更して、永源寺に到着です。
県道188号線と国道421号線(八風街道)がぶつかるところに無料駐車場がありました。
駐車場にはお土産屋さんも数軒、営業していて、観光地という雰囲気です。


 ◆ 紅葉の名所として知られる永源寺
永源寺
永源寺本堂(1765年築)
1361年、近江の領主佐々木氏が高徳という層を招いて創建。
当時、修行僧が2,000人を超え、足利義満や後光厳天皇からも崇信され、栄えていました。
戦国時代に入ると度重なる兵火で伽藍を失い、江戸時代に再建され、現在に至ります。

滋賀 永源寺
お寺までの道のりが長そうです
石段
晴女さんの天敵、石段の登場
十六羅漢
120段の石段を上ると十六羅漢が出迎えてくれます
16羅漢
17羅漢目が登場
券売機
券売機で拝観券を購入
滋賀県指定文化財
山門(滋賀県指定文化財)前で記念撮影
珍しく普通に立っている晴女さん
一息
体調が万全じゃない晴女さんは山門で一息
疲れ具合が伝わる1枚です
鐘楼
鐘楼
永源寺本堂
本堂は国内屈指の葦茸大屋根建物
パンフレット
そこで雨男さんはパンフレットを読んでいます
休憩所
休憩所を発見
休んでいる人はいませんでした
井伊直興
参道から少し外れたところに
彦根藩4代藩主
井伊直興のお墓がありました

永源寺こんにゃく お土産はこんにゃく。
柚子味噌と山椒味噌の試食をしましたが、どちらも美味しい。
ここは味にうるさい(?)晴女さんに一任し、山椒味噌と一緒にこんにゃくを買いました。

お店の人に「どこから来たのか」と聞かれ、神奈川から来たこと告げると、「遠い所から、わざわざ…」と周辺観光地図をもらいました。

想像以上の賑わいで人も多く、観光地のお寺って感じでした。

永源寺の里の精進こんにゃく…創業から製造を始めたこんにゃく!!

価格:270円
(2018/6/18 10:50時点)

朱印帳 蛇腹(ジャバラ)式 100ページ ビニールカバー付

価格:1,800円
(2018/6/18 10:51時点)
感想(63件)



 ◆ メモ
 住所:滋賀県東近江市永源寺高野町41
 開場時間:9:00~16:00
 入場料:500円
 滞在時間:1時間

 お土産:こんにゃく

 アクセス:近江近鉄八日市線 八日市駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
2015年7月23日現在


415号線 草津・伊香保旅行
 TOP MAIL
百済寺(東近江市)


日本全国お宿探し!名鉄観光宿泊予約
全国のホテル・旅館が予約できる予約サイトです。見やすい画面で空室検索も簡単!らくらく予約!