トップページ > 熱海旅行 > 江川邸 都道府県:静岡県
    大河ドラマ『篤姫』のロケ地だった江川邸   訪問日…2012年3月17日

伊豆の国市を代表する観光スポット江川邸。駐車場も観光用に完備されていました。
入口に来てビックリ。大河ドラマ『篤姫』の篤姫の生家、今泉家の所だったのだ。


 ◆ 一度も火災に遭ってなく、様々な品が現存している古民家
江川邸主屋
江川邸主屋(国重文)
江川氏の歴史は古く、源満仲の次男宇野頼親が家祖と伝わっています。
この地に流罪となっていた源頼朝の旗揚げに協力し、北条早雲の伊豆進出を手助けし、更に徳川家康に仕え、幕府直轄地となった伊豆を治めるなど、長きに渡って活躍してきた一族です。
江川邸主屋は室町時代に建てられた部分と江戸時代初期に建てられた部分が混在している建物。土間には立木をそのまま柱にした生き柱や、日蓮直筆の火伏せの護符を治めた札箱など色々なものが現存&展示されています。

大河ドラマロケ地
入口にロケ時の写真が展示されていました
江川邸表門
国重文表門(1696年築)と晴女さん
主屋
主屋の中は広くて、太い柱があちこちに
骨組み
天井の骨組みも迫力あります
女の道は一本道
『篤姫』で見たことある風景
晴女さんお気に入りの菊本の「女の道は1本道」シーンが甦ります
江川英龍
幕末の江川家当主江川英龍
この部屋で佐久間象山桂小五郎を教育しました
江川邸 蔵
国重文です
中は展示品が公開されています
天才的
大砲の弾の前での1コマ
晴女さんのこういうセンスは天才的


 ◆ 知る人ぞ知る偉人、36代当主江川英龍の偉業を紹介
韮山郷土史料館 隣接する韮山郷土史料館
江川英龍の絵や偉業を紹介している資料館。

英龍が行った主な事柄として
@日本で初めてパン(乾パン)を焼いた人
A日本初の西洋式軍隊を組織した
(「気をつけ」「右向け右」「回れ右」は英龍が親族に頼んで訳した言葉)
B東京湾の台場の設計から完成までの総指揮にあたった
(この台場が現在のお台場の地名の由来となっています)
C韮山反射炉を作り、鉄砲&砲台の制作を行った
などなど色んな事に取り組んでいます。

有名な幕末の偉人たちに比べると知名度は劣りますが、成し遂げた偉業はトップクラス。伊豆の史跡めぐりには欠かせないスポットです。

NHK大河ドラマ オリジナル・サウンドトラック 篤姫 [ 吉俣良 ]

価格:2,571円
(2018/5/28 11:00時点)
感想(48件)

幕末の知られざる巨人江川英龍 勝海舟が絶賛し、福沢諭吉も憧れた (角川SSC新書) [ 江川文庫 ]

価格:928円
(2018/5/28 11:00時点)
感想(1件)



 ◆ メモ
 住所…静岡県伊豆の国市韮山1
 開場時間…9:00〜16:30(江川邸、韮山郷土史料館共に)
 入場料…400円(江川邸、韮山市郷土史料館共通券)
 滞在時間…1時間

 アクセス…伊豆箱根鉄道駿豆線 韮山駅から徒歩20分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
国内ダイナミックパッケージのことならTRIPSTAR篤姫 撮影
2014年11月1日現在


415号線 伝堀越御所跡
 TOP MAIL
韮山城


スーツケース・旅行用品トラベラーストア静岡 国重文
キャリーバッグや旅行グッズの専門サイト トラベラーストア