トップページ > 日光旅行 > 大猷院(その弐)  都道府県:栃木県
  色んな立像がいる家光公の廟所、大猷院(その弐)   訪問日…2009年7月19日

二天門奥の階段を上り、続いて見えてきたのは同じような形をした建物。そして、その奥には3つ目の門もあります。

 ◆ 左右に似たような建物が登場!
鼓桜
鼓桜(1653年築 国重文)
鐘楼
鐘楼(1653年築 国重文)
正面から見て左が鼓桜、右が鐘楼。
一見同じように見えるが、彫刻の数で格式のレベルが違うそうだ。 


 ◆ 3つ目の門、夜叉門
夜叉門
夜叉門(1653年築 国重文)
廟所近くに配置してある聖域を守る門。表裏左右に四夜叉を安置しています。

 色とりどりの四夜叉…でも1体だけ変?
大猷院 四夜叉 四夜叉 大猷院 立像 おネェ
白い夜叉だけ違う感じがします。あの左手の恰好はおネェ系のようだ。なぜあんな恰好をしているかは謎。


  祖父徳川家康が大好きな生まれながらの将軍、徳川家光の本 

徳川家光(1) (山岡荘八歴史文庫) [ 山岡荘八 ]

価格:799円
(2018/4/12 10:44時点)
感想(3件)

徳川家光 我等は固よりの将軍に候 (ミネルヴァ日本評伝選) [ 野村玄 ]

価格:4,104円
(2018/4/12 10:44時点)


 ◆ 4つ目の門、唐門
大猷院 唐門
唐門(1653年築 国重文)
金箔が塗られた大猷院で一番小さな門。唐門の奥が拝殿と本殿のある相の間に通じています。
大猷院 拝殿
拝殿(国宝)
諸大名の奉納品や金箔の上に塗られた絵など豪華絢爛!
大猷院 本殿
本殿(国宝)
別名『金閣殿』と言われるくらい金色なのだ
回廊
回廊(国重文)
東照宮より控えめに」…と遺言しているのにこの優雅さ。
黒をベースにしているので、控えめと言えば控えめだが…


 ◆ 5つ目の門、皇嘉門
皇嘉門
皇嘉門(1653年築 国重文)
この奥が徳川家光の眠る奥の院。通常非公開なので、見学はここまで。
更にこの奥には門があり、計6つの門で家光の廟所は守られているらしい。
家康の東照宮より厳重な守りの様な気がする…

桶狭間 大猷院
(その壱)
トップ Mail
日光山輪王寺 今川義元

ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】相の間 セコム ほかほか非常食徳川家光