トップページ > 彦根旅行 > 大通寺(長浜市) 都道府県:滋賀県
    多くの文化財が残る大通寺(長浜市)   訪問日…2009年11月22日

知善院から歩くこと5分ちょっと。長浜の町並みのメインスポット、大通寺に到着しました。
かなり広いお寺で、多くの文化財が残るお寺で有名です。ただ六瓢箪めぐりには数えられていません。


 ◆ 大きな山門が目印
長浜 大通寺
大通寺
戦国時代、東本願寺第12大法主、教如がこの地の門徒に仏法を説き広めるために道場を開いたのが大通寺の始まり。その頃は長浜御堂と呼ばれていました。
1602年、京都に東本願寺が建立されると、長浜御堂が大通寺となります。
伏見城長浜城の移築建物や2つの
国の名勝の庭園など、多くの文化財が残るお寺として知られています。

大通寺 山門 天井 彫刻
山門(1841年築 長浜市指定文化財)
1808年に着工し、33年の歳月を経て完成した山門。遠くからでもわかるくらい、とにかく大きいのだ。
総ケヤキ造りで、県内最大級の大きさを誇ります。大きさもさることながら、あちこちに見られる彫刻も凄いです。


 ◆ 移築門をはじめ歴史ある建物がズラリ
台所門
長浜城の移築門と伝わる台所門
扉は
本能寺の変に、京極軍がはなった矢や銃弾の痕が残っている
鐘楼
鐘楼
梵鐘は1363年の銘がある滋賀県指定文化財
燈籠
大きな燈籠も必見
本堂
本堂(江戸時代初期築 国重文)

【中古】 狩野派決定版 別冊太陽 日本のこころ/芸術・芸能・エンタメ・アート(その他) 【中古】afb

価格:2,144円
(2018/4/20 11:12時点)

教如と東西本願寺 [ 同朋大学仏教文化研究所 ]

価格:6,480円
(2018/4/20 11:13時点)



 ◆ 有料拝観の堂内と庭園
玄関 庭園
伏見城から移築してきた本堂(江戸時代初期築 国重文)大広間(江戸時代初期築 国重文)の中は有料拝観。
広間の奥に書院もあり、中は二条城を思わせるような豪華な金色の絵が広がっていました。
さすが同じ京都の伏見城から移築してきただけのことはあります。これを描いたのは有名な狩野派の人たちのなのでした。
(写真は大広間の
玄関(1760年に追加で付けられた)と含山庭(だと思う)。

このあとはお土産屋さんが並ぶ大手門通りをはじめ、長浜の城下町を探索します。
すると、思わぬ武将の屋敷跡を発見しました。


 ◆ 地図&メモ
大通寺 アクセス
 住所…滋賀県長浜市元浜町32-9
 開場時間…9:00〜16:30
 入場料…500円(境内を見るだけなら無料)
 滞在時間…45分

 アクセス…JR琵琶湖線 長浜駅から徒歩10分
 駐車場…豊公園の駐車場(無料)

 トイレ…有


国の名勝 知善院
 TOP MAIL
増田長盛屋敷跡


JALダイナミックパッケージ 往復航空券+宿泊がセットでおトクなツアー
自分でツアー内容を自由に組み合わせできる「JALダイナミックパッケージ」。航空券+ 宿泊がセットでおトク!国内旅行情報満載の旅行サイト。