トップページ > 岡崎旅行 > 大樹寺 都道府県:愛知県
    徳川家康が自害を思いとどまった大樹寺   訪問日…2011年9月17日


家康ゆかりのお寺として有名な大樹寺。
岡崎城のビュースポットとしてテレビで紹介されることもあります。歴史的にも、景色的にも岡崎観光で外せない観光スポットです。


 ◆ 多くの文化財が残る大樹寺
大樹寺山門
大樹寺 山門(1641年築 愛知県指定文化財)
松平家4代当主松平親忠が1475年に創建した松平家・徳川家の菩提寺。
1560年、松平元康(徳川家康)桶狭間の戦いで敗れたあと、このお寺で自害しようとしたところ、住職が思いとどまらせた逸話が残っています。
そのことがあり、徳川家から保護を受け、歴代将軍の等身大の位牌が安置されています。

後奈良天皇
扁額の文字は後奈良天皇の直筆だとか
土塀
境内を囲っている土塀
多宝塔
多宝塔(1535年築 国重文)前で記念撮影
晴女さんにしては珍しい普通の写真
石仏
多宝塔前にある面白い石仏(?)
何を訴えているのだろう…
大樹寺 鐘楼
山門同様、徳川家光寄進の
鐘楼(1641年築 愛知県指定文化財)
裏二門
裏二門(愛知県指定文化財)
手水舎
手水舎で手を洗う晴女さん
本堂
本堂(1857年築)の中に入り宝物を見学(有料)

記念スタンプ 徳川歴代将軍の等身大の位牌があります(15代将軍徳川慶喜以外)。将軍が亡くなった時の身長と同じ高さの位牌。昔の人は背が低いと言われていた通り、想像以上の身長の低さでした。
その他、1614年に身代わり像として安置した
徳川家康木像徳川秀忠・お江夫婦の像など徳川家ゆかりの品々を見ることが出来ました。
身長149cmの晴女さんは将軍の身長が印象に残り、雨男さんは同じ厨子に納められている秀忠・江夫婦が印象に残ったようです。ちなみに同じ厨子に納められていることから姉さん女房の江の方が格上だった…なんて言われているとか。

本堂内にスタンプラリー用紙を発見。『歩いて回る家康のふるさと岡崎めぐり』という名のスタンプラリー。ほとんど今回の旅行で行くところなので、コンプリートを目指します。


 ◆ 大樹寺から眺める岡崎城天守閣は必見
門から岡山城 本堂→山門→総門と直線状に続く伽藍配置。
総門の先に岡崎城天守閣が見えます。
これはそうするように徳川家光が伽藍整備したから。
今もこの直線上に高層ビルやマンションを建てることが禁じられています。
山門&総門越しに眺める天守閣は必見。
(写真は総門越しに見える岡崎城天守閣)

知れば知るほど面白い徳川将軍十五代 (じっぴコンパクト新書) [ 大石学 ]

価格:822円
(2018/5/23 10:39時点)
感想(1件)

徳川将軍の意外なウラ事情家康から慶喜まで、十五代の知られざるエピソード【電子書籍】[ 中江克己 ]

価格:540円
(2018/5/23 10:40時点)



 ◆ メモ
 住所…愛知県岡崎市鴨田町広元5-1
 開場時間…宝物拝観 9:00〜16:30
 入場料…宝物拝観 400円
 滞在時間…1時間

 お土産…ポストカード

 アクセス…名鉄名古屋本線 東岡崎駅からバスorタクシー
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有
岡山城を眺める
2014年9月20日現在


415号線 信光明寺
 TOP MAIL
丸根城


文化財見学日本全国の高速バス予約はこちら!!
日本旅行が運営する高速バス・夜行バスの予約サイト 日本旅行「バスぷらざ」