トップページ > 東北旅行 > 中尊寺(その弐) 都道府県:岩手県
    奥州藤原氏3代当主が眠る中尊寺(その弐)   訪問日…2009年8月14日

讃衡蔵を見たあとはいよいよ金色堂へ向かいます。
金色堂は中尊寺創建当時の唯一の現存建物で、現在は1965年に建てられた覆堂に守られています。

 ◆ 中尊寺のメインスポット 金色堂
中尊寺 金色堂
覆堂(1965年再建)
インターネットなどでよく見るこの写真。外側の建物は金色堂(1124年築 国宝)を囲っている覆堂なのだ。
この中に金色堂と藤原氏3代の御遺体と泰衡の首級が納められています。
4人の御遺体を納めるため、24時間体制で温度や湿度を管理しているのが覆堂の役目だ。

ガラス越しに見る4人の仏壇は神聖な空気を醸し出していて、義経と同じ時代を生きた人が目の前にいる…という不思議な気持ちになりました。(人が多く、少し蒸し暑かったが)


 ◆ 金色堂周辺の建物たち
中尊寺 旧覆堂 覆堂
 旧覆堂(室町時代築 国重文)
金色堂の奥に行くと木造の建物が目に入ります。これは1965年まで金色堂を覆っていた旧覆堂です。
1965年の初の大規模解体修理の時に新しい覆堂が完成し、役目を終え、ここに建っているのだ。
中は広く、中央に柱が建っています。その周辺に落ちている小銭を興味深そうに眺めている晴女さんがいるのだった…

中尊寺 経堂
経堂(鎌倉時代築 国重文)
一部に平安時代の部材も使われているとか
中尊寺 能舞台
東日本で唯一現存している能舞台(1853年築 国重文)
催し物が開催されていて見ることができず…
中尊寺 釈迦堂
釈迦堂
中尊寺 八幡堂
八幡堂
弁慶堂 弁慶堂

武蔵坊弁慶像と弁慶の7つ道具、義経の郎党亀井六郎が背負っていた(と伝わる)笈を見ることができます。
義経ファン必見のお堂だ。


※笈(おい)
  …修行者などが背負う脚のついた箱。
    仏具、衣類などをいれていた。

1000ピース めざせパズルの達人 平泉-仏国土を表す建築-中尊寺金色堂(日本)11-385

価格:2,494円
(2018/4/13 11:13時点)

中尊寺・毛越寺 (JTBキャンブックス) [ 田中昭三 ]

価格:1,836円
(2018/4/13 11:13時点)
感想(3件)




 ◆ ご当地キティを大量購入!
中尊寺キティ
中尊寺キティ
奥の細道キティ
奥の細道キティ
源義経キティ
源義経キティ
弁慶キティ
武蔵坊弁慶キティ

以上で中尊寺見学が終了。
金色堂は雰囲気もさることながら、見事な装飾品も金色堂という名前に負けないくらいすごかったです。

意外とポストカードが充実していて、セットのポストカードや讃衡蔵で売っていた撮影禁止の文化財のポストカードもあるのでありがたかったな。
このあとは中尊寺近くにある弁慶のお墓へ行ってみよう。

みちのく 夫婦旅行 中尊寺(その壱)
トップ Mail
弁慶のお墓 史跡めぐり

“ちゅるん”としたキレイな目を即ゲット☆Fall in Eyez(R)
ハローキティとカラコンのコラボ♪【『カラコン』Fall in Eyez】
国内格安航空券サイト空旅.com
格安航空券をお探しの方必見!最大当日1時間前までご予約可能!全国発着の航空券が驚きの価格!国内航空券ならなんでもおまかせ!