トップページ > 山形旅行 > 致道博物館 都道府県:山形県
    鶴岡城の三の丸に位置する致道博物館   訪問日:2015年8月12日

鶴岡城を目指します。駐車場を探しているとき、致道資料館前に駐車場を発見。
そこに車を止め、まずは資料館から見学します。入場料を払った後、入口にあるパンフレットを見ていたら
庄内周遊神紋・家紋スタンプラリーというものを発見。ここと羽黒山と本間家本邸の3館共通券です。すべて行くところだし、スタンプラリーもできるので、こっちに買い直しました。


 ◆ 歴史的建造物が集まっています
致道資料館
致道資料館
徳川四天王の酒井忠次を祖とした酒井氏が庄内藩主を治めてきました。
明治維新後も酒井氏は鶴岡に留まり、1950年、郷土文化向上のため開いたのが致道資料館です。ちなみに『致道』は庄内藩の藩校
致道館からきています。

旧鶴岡警察署庁舎
早くも足場に覆われた建物が登場
国重文旧鶴岡警察署庁舎(1884年築)です
旧庄内藩主御隠殿
旧庄内藩主御隠殿赤門
駐車場にあるので入場料を払わなくても見られます
旧西田川郡役所
旧西田川郡役所(1881年築 国重文)
致道博物館
旧庄内藩主御隠殿
晴女
晴女さんがお邪魔します
国の名勝
酒井氏庭園(国の名勝)を眺めます
酒井氏庭園
晴女さんがいなくなるとこんな景色です
収蔵庫
収蔵庫には多くの品が展示されています
旧渋谷家住宅
旧渋谷家住宅(国重文)
古民家
けっこう広い古民家でした

2ヶ所目の観光地で、早くも工事中の建物に遭遇してしまいました。更に雨も降っています。
また後半はトイレを我慢していたのもあってか、晴女さんは早くも帰りたいモードに入っていました。
資料館自体は建造物・展示品が多くあり見ごたえある資料館でした。
ここの駐車場は資料館専用らしく、お城と致道館の駐車場は別にあります。受付の人に場所を聞き、そっちに移動します。

【ふるさと納税】山形県産庄内豚ロースとんかつ・ソテー用約1.8kg

価格:10,000円
(2018/3/15 10:17時点)
感想(1件)

伊達の史蹟めぐり [ 高橋貞夫 ]

価格:1,620円
(2018/3/15 10:17時点)



 ◆ メモ
 住所:山形県鶴岡市家中新町10-18
 開場時間:9:00~17:00
 入場料:1,200円(羽黒山東照社、本田家旧本邸共通券)
 滞在時間:1時間

 アクセス:JR羽越本線 鶴岡駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)建造物めぐり
2016年8月5日現在


415号線 つけもの処本長
 TOP MAIL
致道館


日本最大級の楽天トラベル致道博物館 滞在時間
宿泊予約サイトの楽天トラベル。ホテル予約や航空券・レンタカー予約などできます。