トップページ > 長野旅行 > 文武学校 都道府県:長野県
    松代藩の藩校、文武学校へ   訪問日:2012年5月3日

こちらも恒例になりつつある、訪れた場所の藩校めぐり。松代藩の藩校は文武学校です。
弘道館(水戸藩)進徳館(高遠藩)など『○○館』という名前が多い中、松代藩は学校というネーミング。
敷地もかなり広く、見ごたえがありそうな藩校です。反時計回りで見学していきます。


 ◆ 開校当時の姿を今に伝える文武学校
文武学校
文武学校(国の史跡)
松代藩8代藩主真田幸貫が文武の奨励を目的として1855年に開校した藩校。
(開校時の藩主は9代真田幸教
幕末期の近代学校建築への移行時期。他藩の藩校と大きく違うのは儒教の教えを排除し、孔子廟が無いことです。
8~14歳が文芸を、15~35歳が武芸を学んだと言われています。
藩校として開校当時の姿を残している全国的には貴重な学校です。

学校入口
石碑が目印の学校入口
松代遊学スタンプ
ここで遊学スタンプを押印
弓術所
弓術所
弓道
10人の師範がいたと言われています
便所
藩校のトイレ
便器の写真を撮り忘れてしまいました
槍術所
体育館並みの広さだった槍術所の中
藩校の中でも一番大きい空間を持っています
文学所
学問を習う文学所
屋敷
広くて大きな屋敷みたいです
剣術所
剣術所
写真だけ見ると槍術所と同じ雰囲気です
柔術所
柔術所の入り口
看板があるので、どの術所かがわかります



 ◆ 文武学校でいろいろと学んでいる晴女さん
弓術所
弓術所にて
傘を弓に仕立て矢を放つ姿をしている晴女さん
槍術所
槍術所にて
傘を槍に仕立て、構える弱そうな晴女さん
剣術所
剣術所にて
ひと汗かいた風な晴女さん
柔術所 掛け声
柔術所にて
「オス!」と構える晴女さん
格闘ポーズ
なんだか弱そうです
文学所
文学所では教師役の晴女さん

松代藩主 松代藩10万石の当主になった雨男さん。
頼りなさが漂っています。

藩校としては多くの建物が残り、かなり見応えがありました。
晴女さんもノリがあり、それなりに楽しんでくれた様子です。

ここで駐車場に戻り、車で松代めぐりを続けていきます。
次はスタンプ場所ではありませんが、矢沢家の表門を見に行きます。


 ◆ 松代遊学スタンプ帳6つ目
松代遊学スタンプ帳 文武学校スタンプ 松代の歴史観光スポットを巡るスタンプ帳。

スタンプは、
松代城真田邸真田宝物館、文武学校、象山記念館
旧横田家住宅旧樋口家住宅旧前島家住宅
旧白井家表門山寺常山邸
の全10ヶ所。
これで6ヶ所になりました。

永楽通宝・6連ペンダント(黄銅製) 【六文銭】 【真田幸村】 【真田信繁】 【真田昌幸】 【真田信之】 【大河ドラマ】

価格:9,720円
(2018/5/30 11:18時点)
感想(3件)

【茶器 茶道具 抹茶茶碗】【送料無料】【真田幸村】真田幸村家紋入 戦国武将家紋茶碗 真田信繁(幸村) 六連銭【nhk大河ドラマ】 【宅配便配送】

価格:4,752円
(2018/5/30 11:19時点)
感想(2件)



 ◆ メモ
 住所:長野県長野市松代町松代205-1
 開場時間:9:00~17:00
 入場料:160円(真田宝物館・真田邸共通券 400円)
 滞在時間:40分

 アクセス:JR北陸新幹線、信越本線 長野駅からバスorタクシー
 駐車場:松代城の駐車場(無料)


 トイレ:有
2015年1月7日現在


415号線 旧白井家表門
 TOP MAIL
矢沢家表門


文武学校 滞在時間じゃらんレンタカー
国内レンタカー各社の営業所検索・料金比較・オンライン予約 ができます。乗り捨ても可能。