トップページ > 北関東旅行 > 鑁阿寺(足利氏館)  都道府県:栃木県
  足利氏館こと鑁阿寺   訪問日…2008年5月4日

大光院(太田市)を出発して1時間。再び栃木県に戻ってきました。

この日、2つ目の100名城の足利氏館こと鑁阿寺。
境内に駐車場はあるが、どうやら満車のようだ。係りの人の誘導に従い、臨時駐車場に止めました。

鑁阿寺周辺マップ
 
  メモ メモ
 住所…栃木県足利市家富町2220
 開場時間…4月〜9月  9:00〜17:00
         10月〜3月 9:00〜16:30
 入場料…なし
 滞在時間…45分

 お土産…バンフレット

 駐車場…専用駐車場(無料)
 トイレ…有
和物
足利市 観光 いざ見学しようとしたら、雨男さんが車をちゃんと閉めたのか不安に思い、見に戻りました。

その間、晴女さんはボーっと待っています。
その時に「あれっ?どっかで見たことのある人がいるぞ」と思いました。
その人はさっき訪れた金山城で見た人だったのだ。
なんという偶然。あの人も100名城に興味があるのかな?

戻ってきた雨男さんに伝えたが、たいして関心はないらしく、軽く流されました。

100名城、鑁阿寺…

「城じゃないじゃん」と突っ込みたくなりそうだが、四方を水堀で囲っている足利氏の館
だった場所なのだ。

その館を鑁阿寺にしたのは足利義兼で
1196年のことです。
義兼は源頼朝の従姉妹にあたります。
そして、義兼の子孫が足利尊氏なのです。

境内には多くの文化財が残っています。
一帯が国の史跡に指定されています。
足利氏館 鑁阿寺

鑁阿寺 北門
北門(薬医門)
通常、ここが駐車場の入り口と思われます。
私たちが来た時は満車だったのだ。



では100名城の鑁阿寺こと足利氏館を見学してみましょう!
鑁阿寺境内マップ
宝庫 ←校倉(1752年築)
足利市指定文化財

宝庫、大黒堂とも。



             御霊殿→
      栃木県指定文化財

御霊屋
観光  あちこちで見かける庚申塚に注目!
庚申塚 読み方は『こうしんつか』

庚申とは十干(甲乙丙…というやつ)の『庚(かのえ)』と
十二支の『申(さる)』が組み合わさった干支のこと。

庚申の年は60年に1度。その年に建てられた塚だとか。
ちなみに次の庚申の年は2040年。

大御堂
本堂こと大御堂(1299年築? 国重文)
スタンプ設置場所。

この日はお祭りか何かがあるようで、
露店がズラリと並んでいました。
参拝客もたくさんいます。

並んでいる参拝客を横目に3つ目のスタンプを押印!
100名城スタンプ 画像
鐘をつきたい晴女さん。
人目を気にしないで鐘をつきたいそうだ。
…というわけで、大御堂隣の不動堂で鐘をついたのでした。

満足気な表情でコチラを見ている晴女さん。
(写真堰j
不動堂
天然記念物 大銀杏  ←樹齢500年を超える大イチョウ(天然記念物)
  私たちの16倍も生きているのだ。


   多宝塔(1692年築 栃木県指定文化財)
    別料金で何か特別公開していた気が…
鑁阿寺 多宝塔 
観光中
鑁阿寺 鐘楼 鐘楼(1688年築 国重文)
  鐘は江戸時代のもので、第二次世界大戦時の供 
  出を免れています。




                           水堀
              鑁阿寺四方を囲っています。
 
鑁阿寺 水堀
鑁寺 楼門 桜門(山門)(1564年築 国重文)

室町幕府13代将軍、足利義輝公が再建させた楼門。
太鼓橋とセットで見るとより一層の風格がうかがえる門だ。
館跡と言っても、完璧なお寺。さすがにお城めぐりをしている感はありませんでした。
とはいえ、文化財も多く見所がたくさん。歴史めぐりでは外せないお寺でしょう。
このあとは徒歩で足利学校へ行きます。その前に足利尊氏像を見ないと… 

→ 北関東旅行TOPページへ トップ Mail