トップページ > 長野旅行 > 荒砥城 都道府県:長野県
    雨男さんが前から行きたかった荒砥城   訪問日:2012年5月4日

坂道を淡々と上り、行き止まりが駐車場。ここから歩いて荒砥城内へ。
駐車場から更に上り、受付を済ませてからも少し上るのだ。疲れ果てている晴女さんを押しながら上る雨男さん。
どっちも大変そうです。


 ◆ ドラマでも使用される荒砥城
荒砥城
荒砥城
戦国時代に築かれ、戦国時代に廃城になったお城。
郭が連なるように並んでいる連郭式の山城です。
築城したのは村上義清の一族、山田氏。武田信玄との戦いや
川中島の戦いの重要拠点の1つとして機能していましたが、1584年、上杉謙信に攻められ落城し廃城になりました。
現在は
城山史跡公園として整備され、建物が復元されています。

坂道
駐車場から更に上ります
若さがない
後姿から若さが全く感じられない晴女さん
城門
二の郭の門をくぐると復元されたお城が登場
櫓
が見えてきました
虎口
雨男さんはこういう道が好きみたい
兵舎
兵舎
冠木門
佇む門兵、晴女
展望台
展望台に上ってみましょう
不意打ち
上った雨男さんを不意打ち撮影
見晴
なかなかいい眺めです


 ◆ 本郭には女城主、晴女さんが鎮座?
館
館の中に何かいます
仏像座り
よく見ると仏像座りをしている晴女さんでした

元気 帰りは下り坂なので元気な晴女さん。

荒砥城は造りや復元建物を見る限り、戦国以前のお城かと思っていました。落城はしてしまいましたが、天守閣や石垣が無くてもしっかりと機能していたんだな…と改めて縄張り(お城の設計)の重要性を感じた雨男さんなのでした。

知識ゼロからの日本の城入門 [ 小和田哲男 ]

価格:1,404円
(2018/5/31 11:16時点)
感想(12件)

イラスト図解城 城の基本知識と戦いのための構造がわかる [ 小和田哲男 ]

価格:1,620円
(2018/5/31 11:17時点)
感想(2件)



 ◆ メモ
 住所:長野県千曲市上山田城山3509-1
 開場時間:9:00~17:00
 入場料:300円
 滞在時間:45分

 アクセス:しなの鉄道 戸倉駅からバスorタクシー
 駐車場:専用駐車場(無料)

 トイレ:有
あなたの旅に心地よさをプラスする-JALショッピング
2015年1月27日現在


415号線 善光寺大本願別院
 TOP MAIL
智識寺(千曲市)


日本最大級の楽天トラベル荒砥城 滞在時間
宿泊予約サイトの楽天トラベル。ホテル予約や航空券・レンタカー予約などできます。