トップページ > 広島旅行 > 安芸郡山城(その壱) 都道府県:広島県
    毛利元就の居城、安芸郡山城(その壱)(全3回)   訪問日…2009年9月20日

日本100名城スタンプラリー27ヶ所目は毛利元就の居城、安芸郡山城です。
「これぞ中世の山城だ」という典型的なお城。建物が残っていないので、跡地見学がメインとなります。
まずスタンプ設置場所の
吉田歴史民俗資料館へ。ここで郡山城のマップがもらえます。最初に訪れた方が良いでしょう。


 ◆ 安芸高田市吉田歴史民俗資料館へ
吉田歴史民俗史料館
安芸高田市吉田民俗資料館
郡山城 スタンプ 安芸高田市の歴史(原始から近世)を紹介。
そして安芸郡山城について詳しく紹介されています。お土産も売っているので郡山城のお土産はここで。雨男さんは郡山城の絵のポストカードと、三本の矢の割り箸をを買っていました。


 ◆ 史料館から安芸郡山城までの間も見どころが多い
一文字に三つ星
毛利家家紋
一文字に三つ星
安芸郡山城(吉田郡山城)は毛利家の祖毛利時親が1336年に築城しました。以後毛利氏の居城として機能していました。お城とはいうものの砦規模のものであり、12代当主毛利元就が城主になるまで小規模なままでした。
その頃は下剋上の時代であり、元就も戦国大名への道を進んでおり、郡山城の拡張を行い郡山全体をお城へと整備しました。
元就の他、毛利隆元(元就の長男)や重臣たちの屋敷も設けられました。
しかし毛利家が豊臣秀吉に従い、戦国の世が終りに近づいた頃、山城が不便ということになり、毛利輝元の時代に広島城へ移ることになりました。
城跡が
国の史跡に指定されています。

御里屋敷跡 毛利元就像
吉田民俗資料館からお城方面へ向かっていくと『安芸高田少年自然の家』があります。
この敷地内が
御里屋敷跡(毛利元就の居館跡)(写真)です。ここで毛利元就は生涯を終えたと伝わっています。石碑の向かいにはちょっと違和感がある(?)毛利元就像もありました。
三矢の訓碑 安芸高田少年自然の家の裏にある三矢の訓碑

毛利元就が三人の息子(毛利隆元吉川元春小早川隆景)に「1本の矢なら1人の力で折ることができるが、3本だと容易に折ることができない。このように3人力を合わせるように」と教えたエピソードが有名ですね。

しかしこのエピソードは史実ではなく、
三子教訓状(元就が3人の息子に書いた文書。山口県防府市の毛利博物館にある国重文)が基になったとも言われています。
毛利元就 火葬場跡
75歳で亡くなった元就は三原妙法寺の住職により火葬され、ここに埋葬されました。
火葬場は石垣で囲み、その中に木を植えましたが、その木は惜しくも1971年に枯れてしまいました。

天然石 戦国武将 毛利元就 オニキス ルチルクォーツ ブレスレット 天然石 風水 パワーストーン

価格:2,268円
(2018/4/16 11:24時点)

戦国武将キーホルダー・ストラップ「毛利元就」【メール便可】

価格:860円
(2018/4/16 11:24時点)
感想(2件)



 ◆ ここから本格的な城攻めが始まる…
100名城 火葬場近くにある駐車場。ここから歩いて郡山城を攻めます。
晴女さんが大嫌いな山城。でも100名城だから行かない訳にはいきません。
いざ、郡山城本丸を目指してウォーキング開始!
駐車場から本丸まで1kmあり、30分くらいかかるらしいです。頑張りましょう!

つづく…


 ◆ 地図&メモ
安芸郡山城 アクセス
◆吉田歴史民俗資料館
 住所…広島県安芸高田市吉田町吉田278-1
 開場時間…9:00〜17:00
 入場料…300円
 滞在時間…2時間(安芸郡山城全体で)

 お土産…ポストカード、三本の矢の割り箸

 アクセス…JR芸備線向原駅からタクシーで15分
 駐車場…専用駐車場(無料)

 トイレ…有

万徳院
 TOP MAIL
安芸郡山城(その弐)


JALで行く国内旅行
JALダイナミックパッケージなら、予約が3日前までOK!10日前までなら価格もお得です。
旅ならるるぶトラベル
スクロール地図で周辺地域も簡単に検索できる宿・ホテル予約サイト。便利なビジネスホテルから、高級旅館まで掲載!
国内航空券ならTRIP STAR百名城
航空券・ホテル・国内出張・海外出張のことならこちらをクリック!