トップページ > 甲府旅行
    たくさん再会、甲府旅行 ~雨男Uターン王降臨!~   訪問日…2016年4月29~5月1日

2016年のゴールデンウィークは飛び石連休。
前半の3連休は甲府へ行くことにしました。山梨の100名城スタンプは押しているので、追加はありません。
再訪から初めていくところなど、充実した3日間になりました。
総走行距離 351km


 ◆ 1日目(4月29日) 晴女さん歩数 20,491歩

早朝5時前に出発。今回は高速を使わず、一般道で山梨へ向かいます。
山梨へは3回目の旅行だけあり、見覚えのあるお店や道がたくさんあります。
この日のメインは甲斐善光寺や甲府城、2日間にかけて制覇する甲府五山のお寺です。

甲斐善光寺
武田氏ゆかりの甲斐善光寺
甲府城
2度目の甲府城
景徳院 徳川家康が勝頼主従を弔うために創建したお寺。武田勝頼夫妻のお墓がある。
鳥居畑古戦場跡 武田氏最期の戦場跡地。僅かな防ぎ手が織田の大軍と自滅的な戦いをした跡地。
四郎作古戦場跡 武田氏最後の合戦場跡地。僅かな共と内膳友晴が踏みとどまり、討ち死にした場所。
勝沼氏館跡 武田信玄の叔父、勝沼信友親子の館跡。国の史跡に指定されている。
恵林寺 武田信玄が再興し武田家の菩提寺となったお寺。快川国師ゆかりの場所でもある。
向嶽寺 甲斐武田氏ゆかりのお寺。国宝の絹本著色達磨図や文化財建築物が残る。
甘草屋敷 江戸時代、幕府の命で漢方薬の原材料「甘草」を栽培していた旧高野家住宅。
於曽屋敷 武田家の家臣、於曽家の屋敷跡。現在も子孫の方が暮らしている。
大井俣窪八幡神社 甲斐武田氏の歴代当主から保護を受けてきた神社。多くの文化財建築物が残る。
甲斐善光寺 武田信玄が信濃から移築してきた甲斐善光寺。本堂では戒壇めぐりや鳴き龍を体験できる。
東光寺 武田信玄が定めた甲府五山の1つ。室町時代後期築の国重文の仏殿が見どころ。
甲府城(その壱) 日本100名城の1つ。江戸時代、西の抑えとして重要な役割を果たしていたお城。
甲府城(その弐) 再建された稲荷櫓や線路反対側の山手御門、駅前の武田信玄像を見学。
長禅寺 武田信玄が定めた甲府五山の1つ。武田信玄の母、大井夫人のお墓がある。


 ◆ 2日目(4月30日) 晴女さん歩数 25,919歩

過去2回の山梨旅行で行った所の再訪がメインの2日目。
旅行を始めたばかりに訪れた武田神社や、雨男さんの祖父母と一緒だったので、あまり歩かなかった昇仙峡などを訪れました。
もちろん初めて行く場所もあります。

武田神社
こちらも2度目の武田神社
昇仙峡
たくさん歩いた昇仙峡
能成寺 武田信玄が定めた甲府五山の1つ。甲斐武田氏15代当主の武田信守のお墓がある。
大泉寺 武田信玄の父武田信虎のお墓がある。その他、総門(甲府市指定文化財)も残っている。
円光院 武田信玄が定めた甲府五山の1つ。武田信玄の正室、三条夫人のお墓がある。
河尻塚 武田家滅亡後、甲斐の国を治めた河尻秀隆。一揆で討たれ、この地に首を埋めらた。
武田信玄の墓 死後、3年間秘密にするよう遺言をした武田信玄。その間、葬られていた場所。
武田神社 日本100名城の1つ。武田信玄の館で武田氏館跡として国の史跡に指定されている。
積翠寺 要害山中腹に位置し、武田信玄が産まれた時に使用した産湯の井戸が残っている。
法泉寺 武田信玄が定めた甲府五山の1つ。武田勝頼と甲斐守護職、武田信武のお墓がある。
夫婦木神社 昇仙峡の観光スポット。御神木が子宝・子孫繁栄のご利益があることで有名。
金桜神社 昇仙峡の奥にあるヤマトタケルが参拝したと伝わる歴史ある神社。
ほうとう会館 昇仙峡にあるほうとうの専門店。お土産も充実した食事処。
昇仙峡 甲府を代表する景勝地で国の特別名勝に指定されている渓谷。
羅漢寺 昇仙峡にあるお寺。空海作の木彫像や154体の500羅漢が現存している。
昇仙峡ロープウェイ 昇仙峡の山頂に続くロープウェイ。富士山や南アルプスなどの山々が一望できる。
清運寺 坂本龍馬の許嫁、千葉さな子が眠っているお寺。


 ◆ 3日目(5月1日) 晴女さん歩数 5,875歩

最終日は自宅方面に戻りながらの観光。お馴染みの国分寺めぐりや、国宝があるお寺を見学しました。
3日間とも天気に恵まれ、気持ちよく観光できた旅行でした。これも晴女さんのおかげです。

甲斐国分寺
恒例の国分寺めぐり、甲斐国分寺
清白寺
最後に国宝がある清白寺
入明寺 武田信玄の次男、海野信親が切腹したお寺。




 TOP MAIL