トップページ > 静岡旅行
    となり(静岡)の県で2泊3日☆ 〜1159段のぼった東照宮〜   訪問日…2010年3月20〜22日


2010年最初の旅行は3月の3連休を使って、お隣の静岡県を旅行しました。
今回の100名城は掛川城と駿府城の2つ。
1日目は遠州三寺や掛川城を見学。2日目は駿府城や久能山東照宮、小島陣屋など。
そして3日目は三嶋大社などを見学し、ラストは雨男さん、晴女さん初体験の足湯に行きました。    走行距離 527km


 ◆ 1日目(3月20日) 晴女さん歩数28,715歩

初日は掛川市を観光。横須賀城をはじめ、遠州三山めぐり、そして掛川城とその周辺をじっくり観光しました。
三山めぐりではあの徳川将軍が命名した串団子も食べます。
掛川市の広さと見どころの多さにびっくりした1日でした。

横須賀城
丸い石垣が特徴の横須賀城
掛川城
日本初の木造復元天守閣 掛川城
横須賀町番所 横須賀城の出入りを監視していた町番所。大須賀支所の隣に移築現存している。
窓泉寺 横須賀城主大須賀康高が妻を弔うために創建したお寺。市指定文化財の赤い山門が残る。
本源寺 横須賀城主だった井上氏の墓塔がある。また山門は横須賀城の移築門と伝わっている。
横須賀城 徳川家康が武田家攻略の拠点として築城したお城。丸い石垣が特徴。
撰要寺 横須賀城の移築門が現存し、横須賀城主の大須賀家と本多家の墓所もある。
尊永寺 遠州三山の1つ。厄除け観音で有名で、名物の厄除けだんごもある。
可睡斎 遠州三山の1つ。日本一の大東司(トイレ)の神様を祀る。家康ゆかりの地でもある。
油山寺(その壱) 遠州三山の1つ。世界一願いが叶う宝生殿や掛川城、横須賀城の移築建物が残る。
油山寺(その弐) 桃山時代の三名塔国の重要文化財本堂など見どころが多い。
掛川城(その壱) 日本100名城の1つ。日本に4つしか残っていない貴重な御殿を見学。
掛川城(その弐) 掛川城天守閣を見学。高知城を模して造られた日本で最初の木造復元天守閣。
掛川城(その参) 掛川城周辺を歩いて探索。移築された大手門場所や大猷院、遠江塚など見どころが点在している。
滝尾神社 女性に幸運をもたらす神社。紫陽花やしだれ桜がある花庭園も有名。



 ◆ 2日目(3月21日) 晴女さん歩数25,626歩
この日100名城は駿府城のみ。その他、家康が眠る久能山東照宮や、家康の死因と伝わる鯛の天ぷらを食べた場所、田中城。そして茶畑と化した陣屋などを見学。充実した1日でしたが、久能山東照宮では思わぬアクシデントが…

駿府城
家康の居城 駿府城
久能山東照宮
家康が眠る久能山東照宮
事任八幡宮 事のままに願いが叶うと言われている神社。大きな楠は必見。
日坂宿 東海道五十三次の江戸から数えて25番目の宿。県内で最小の宿場。
田中城 徳川家康の死因と言われている鯛の天ぷら。それを家康がを食したお城。
駿府城(その壱) 日本100名城の1つ。徳川家康が晩年を過ごしたお城。現在は駿府城公園として整備されている。
駿府城(その弐) 復元された櫓や、珍しい水路の遺構など駿府城ならではの見どころを紹介。
静岡浅間神社 徳川家康(松平元康)が元服した神社。多くの文化財建築物が残る。
久能山東照宮(その壱) ふもとから1159段ある石段を上り、徳川家康の廟所を目指す。
久能山東照宮(その弐) 有料拝観エリアを紹介。国宝国重文の文化財建築物がズラリと並んでいる。
久能山東照宮(その参) 徳川家康が眠る神廟へ。博物館も文化財が多く、見どころが多い。
清見寺(その壱) 松平元康が今川家の人質時代、過ごしたお寺。江戸時代築の建物が多く残る。
清見寺(その弐) 江戸時代中期の500羅漢は必見。家康の娘が寄進した建物もある。
小島陣屋 1万石の小島藩の陣屋跡。茶畑と化した石垣が見どころ。遺構もはっきりと残っている。



 ◆ 3日目(3月22日) 晴女さん歩数11,683歩
最終日は富士宮から三島、湯河原と家に向かいつつ観光しました。天気に恵まれ富士山も良く見えました。
最後は神奈川県の湯河原で足湯を初体験!

藤浅間大社
浅間大社の総本山
万葉公園
万葉公園(足湯)
実相寺 日蓮が経蔵に2年間こもって立正安国論を書き上げたお寺。
富士浅間大社 全国の浅間大社の総本社。2013年に富士山の構成遺産の1つとして世界文化遺産に登録された。
三嶋大社 伊豆国一宮で三島神社の総本社。宝物館には国宝が展示されている。
妙法華寺 徳川家康の側室、お万の方お勝が再建に尽力したお寺。駿府城唯一の現存建物が残る。
独歩の湯 万葉公園内にある日本最大級の足湯施設。足ツボを刺激して足湯に浸かれる。
城願寺 鎌倉時代の有力豪族土肥実平の館跡にあるお寺。樹齢800年を超えるビャクシンの木は圧巻。


 TOP MAIL